1から12 を表示中 (合計: 40件)
母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 東ひかり

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 東ひかり

父が他界し、母親が一人で暮らす実家に久しぶりに帰省した。母は元気そうで笑顔で出迎えてくれた。近所に買い物でもと出掛けたが、途中で財布がないことに気付き帰宅すると、家の中から色っぽい声が聞こえた。静かに入ると、なんとそこで母と酒屋のオヤジがセックスしていた。私は驚いたが、母のいやらしい姿に下半身はひどく硬直し、見たことのない母の姿に嫉妬してしまっていた。その夜、私は母に相談があると言い、今の母への思いをぶつけた。母の痴態を見てしまった事、興奮して抑えられない事、母を抱きたい事、母はもちろん拒否したが、私は力任せに母を抑え愛撫した。そして母へ挿入し、欲望の赴くまま一心不乱に腰を振った...。

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた親友の母親と時を忘れて愛し合っ...

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた親友の母親と時を忘れて愛し合っ...

立て続けに真夏日を記録するこの夏、母が再婚するというので僕はお盆休みを利用して地元へ帰省していた。予定の時間まで地元を歩いていると見覚えのある女性とすれ違う。振り返るとその女性は初恋の人で親友の母親・優香さんだった。そして優香さんと一緒に母との待ち合わせ場所へ向かったのだが、実家には自分の居場所が無い事を知らされる。帰ろうかと悩んでいるとずっと好きだった優香さんの家に泊めてもらえる事になって…。

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 高瀬智香

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 高瀬智香

会社でリストラに遭い、沈痛な面持ちで実家に出戻った。そんな私を心配した顔で出迎えてくれた母。母の励ましに頑張ろうと思ったが、飲んだくれの父がチャチャを入れ私は怒りを隠しきれずにいた。それから何日か、深夜目が覚めた私は偶然父と母の行為を目撃してしまった。目が離せず見ていると、父が萎えてしまい、母が物足りなさそうな表情を受けべていた。そんな母に欲情してしまった私は、翌日母に抱きつくと強引に私の股間を触らせ扱かせた。母の手は柔らかで私は暴発気味に発射してしまうと、母は急いで仕事に出掛けてしまった。母への欲情を抑えられない私は夜、父が寝たのを確認すると、再び母の元へ。朝の続きがしたいと母を抱きしめ強引に体を弄るのであった...

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 大嶋しのぶ

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 大嶋しのぶ

訳あってしのぶ叔母さんの家に厄介になっている僕。30過ぎて童貞でと思っていたがバイト先の女の子と上手くいき初彼女が出来た。しのぶ叔母さんも自分の事のように喜んでくれてやっと一人前になってきたと思っていた。そして念願の彼女とお泊り旅行を計画し、出発当日。何時になっても彼女が来ない。やっと連絡がと思ったら、店長と付き合うから別れる。そして再び連絡が取れなくなった。僕は落ち込み泣きながら帰宅。僕の落ち込みは激しくしのぶ叔母さんにも冷たく当たってしまった。するとしのぶ叔母さんは僕を優しく抱きしめ、童貞を気にしているんだったら私と初めてをしてみる?貴方の為なら何でも協力するわと微笑んでくれた。そしてゆっくりと唇を僕に当てた。焦る僕を優しくリードしてくれ、僕はしのぶ叔母さんと一つになれた。ある日帰宅すると、僕の部屋でしのぶ叔母さんがおナニーをしている所を目撃してしまった。そそくさと部屋を出て行こうとするしのぶ叔母さんを引き留め、僕もしのぶ叔母さんとセックスしたいと告げた。本当にいいのと聞くしのぶ叔母さんは可愛らしく、もう童貞じゃない僕は少し余裕があるように振る舞った。しのぶ叔母さんに再びレクチャーされながら行為をするが、僕はしのぶ叔母さんを気持ち良く喜ばせたかった。何度もしたがる僕にしのぶ叔母さんは微笑みながら受け入れてくれ、お互い絶頂へと達していった...

あぁ~やらしい! 剛毛婦人10人5時間スペシャル

あぁ~やらしい! 剛毛婦人10人5時間スペシャル

お手入れされていない漆黒の繁みの奥に妖しく滑る天然黒アワビ10人分を収録しております。主婦たちの背景すべてがこの伸びきったマン毛1本1本に詰まっています。剛毛をかき分けた奥から溢れ出すイヤらしい汁。その汁でヌメリまくった肉厚のマンビラ、そして濡れて肌に張り付くマン毛とすべてがエロ過ぎる黒アワビ。パイパン流行りに逆行した剛毛フェチのための300分を是非ご堪能ください。

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 永田成子

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 永田成子

田舎で働く僕は真面目が取り柄の冴えない男。彼女いない歴30年でもちろん童貞。そんな僕に急に会社から辞令が出て都会に行くことになった。社員寮もなく、物件もあてがない。悩んだが、同じく都会で暮らす叔母成子さんを頼り物件を探すことにした。しかし中々良い所は見つからず、成子さんの娘には馬鹿にされ、僕は落ち込んでしまった。すると成子さんは、困ったことがあったらなんでも相談してと言ってくれた。僕は成子さんが昔から好きで一度で良いから抱きしめてと言ってみた。すると成子さんは優しく僕を包んでくれた。興奮してしまった僕は勃起した股間を成子さんに押し当てると、成子さんは少し困った顔をしたが、今回だけよと僕にキスをした...

厳選!江戸川区・葛飾区・江東区・墨田区の募集おばちゃん!(愛している)夫に...

厳選!江戸川区・葛飾区・江東区・墨田区の募集おばちゃん!(愛している)夫に...

下町は人情味溢れるおばちゃんのすみか。なかでも川沿いに住む女は情にあついんだよねえ!!そんな都内城東エリアのおばちゃんがもう一花おんなとして咲かせましょうとエッチな撮影に応募してきました!大人気募集おばちゃんシリーズが満を持しておくる城東編!下町熟女のいやらしすぎるエッチな姿をご堪能下さい。

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 篠野まゆみ

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 篠野まゆみ

田舎ぐらしの僕は友達もおらずましてや彼女などいない。そんな僕は急な転勤で都会に住まなくてはいけなくなった。社宅もなくツテもない僕は困ってしまっていたが、親せきのまゆみ叔母さんが新居が見つかるまで居候させてくれることになった。まゆみ叔母さんは昔から優しく内気な僕を可愛がってくれていたので僕もまゆみ叔母さんの事が大好きだった。居候して数日経ったある日、僕は脱衣場で叔母さんのブラとパンティーを見つけた。ここへきて抜いていなかった僕はついムラウラしてしまいこっそりと叔母さんのブラでオナニーしてしまった。しかし間の悪い事に叔母さんの娘に見つかり、罵倒された。落ち込み引きこもる僕に叔母さんは大丈夫よと慰めてくれた。そして私でよければなんでお相談してと言ってくれた。僕はまゆみ叔母さんに好きだった気落ちを伝え一度だけ抱きしめて欲しいとお願いした。ぎゅっと僕を抱きしえてくれた叔母さんは僕にさっきのオナニーで出したのか聞いてきた。僕は出していないというと、すっきりさせてあげるといい僕のズボンを脱がせる、二人だけの秘密、というとゆっくりシゴいてくれた。僕はあまりの気落ち良さに直ぐに発射してしまうが、叔母さんのお掃除フェラに再度勃起してしまい、今度は叔母さんの口中で暴発してしまっていた...

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 真田紗也子

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 真田紗也子

田舎ぐらしの僕は友達もおらずましてや彼女などいない。そんな僕は急な転勤で都会に住まなくてはいけなくなった。社宅もなくツテもない僕は困ってしまっていたが、親せきの紗也子叔母さんが新居が見つかるまで居候させてくれることになった。紗也子叔母さんは昔から優しく内気な僕を可愛がってくれていたので僕も紗也子叔母さんの事が大好きだった。居候して数日経ったある日、僕は脱衣場で叔母さんのブラとパンティーを見つけた。ここへきて抜いていなかった僕はついムラウラしてしまいこっそりと叔母さんのブラでオナニーしてしまった。しかし間の悪い事に叔母さんの娘に見つかり、罵倒された。落ち込み引きこもる僕に叔母さんは大丈夫よと慰めてくれた。そして私でよければなんでお相談してと言ってくれた。僕は紗也子叔母さんに好きだった気落ちを伝え一度だけ抱きしめて欲しいとお願いした。ぎゅっと僕を抱きしえてくれた叔母さんは僕にさっきのオナニーで出したのか聞いてきた。僕は出していないというと、すっきりさせてあげるといい僕のズボンを脱がせる、二人だけの秘密、というとゆっくりシゴいてくれた。僕はあまりの気落ち良さに直ぐに発射してしまうが、叔母さんのお掃除フェラに再度勃起してしまい、今度は叔母さんの口中で暴発してしまっていた...

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 真下ちづる

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 真下ちづる

無職の僕が訳あってちづる叔母さんの家に居候し始めて半年。なんとかバイトする事は出来たが肩身の狭い毎日を送っている。毎日のようにちづるさんの娘のアイツに暴言を吐かれる。ちづる叔母さんは優しくて綺麗で可愛らしいのにアイツはどうしてああも性格が悪いのだろうか。でもアイツの言っている事は事実なので仕方がないのだけれど。今日もアイツはイラつき暴言を吐いた、さすがの僕も気が滅入ってしまい落ち込んだ。するとちづる叔母さんがなんでも相談にのると言ってくれた。僕は多い切ってちづるさんに一度でいいから抱きしめて欲しいとお願いしてみた。ちづるさんは一度だけだからと僕を受け入れてくれた。ちづるさんは口と手で僕を気持ちよくしてくれ、あまりの快感に僕は2度も発射してしまった。次の日、ちづるさんの事が頭から離れなくなっていた僕は女性について知りたとちづるさんに言い。女性はオナニーをするのかという事を聞いた。驚くちづるさんだが僕の熱意に負け、ゆっくりと手を股間へと近づけた。下着を脱ぎ、僕にわかるように秘肉を押し広げると指先で愛撫する。その姿に思わずチン○を扱き僕は発射した。僕の雫を舐めとったちづるさんは指の動くが激しくなると体をのけぞらせイってしまった。僕はたまらずちづる叔母さんに覆いかぶさるとちづるさんの中に挿入した...

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 越智綾香

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 越智綾香

田舎で働いていた僕だが、勤務先の工場が倒産、田舎では仕事も見つからず困っていたら、都会に住む叔父夫婦がこちで仕事を探せばと手を差し伸べてくれた。しかし思ったよりも厳しく試食探しは難航していた。叔父家に厄介になりすぎるのも悪いと頑張るが焦りだ絵が募った。しかし綾香叔母さんは僕に優しく接してくれゆっくりでいいのよと声を掛けてくれていた。僕が小さい時から綾香叔母さんは綺麗で優しくて、僕は大好きだった。深夜目が覚めた僕はトイレへ。すると浴室から悩ましげな吐息が聞こえた。不意に覗くと綾香叔母さんが自慰に耽っていた。慌てて立ち去ろうとするが、綾香さんに覗いていたことがばれてしまった。頭が真っ白、焦る僕はつい綾香さんが好きだと告白してしまった。そして一度抱きしめて欲しいとお願いしてしまった。綾香さんに抱きしめてもらっている内に僕の股間は硬くなってきてしまい、綾香さんは今回だけ二人の秘密というと僕を気持ちよくしてくれた。僕は初めての快感に2回も発射してしまった。次の日、面接にうまくいった僕は足早に帰宅し綾香さんに報告した。そして親だと思ってなんでも相談してと言ってくれていた綾香さんに、昨日見た裸体が目に焼き付いて離れない、もっとしっかりと見せて欲しいとお願いしてみた...

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 由紀なつ碧

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 由紀なつ碧

田舎で働いている僕だが、急な転勤で都会に住む事になった。右も左もわからない僕は叔父一家の家に居候することになった。叔父は苦手だったが、叔母であるみどりさんの事は昔から大好きだった。上京し、久しぶりに会ったなつ碧叔母さんは相変わらず優しく、従姉妹の口の悪さも昔のままだった。なんだかんだで日が過ぎてゆく中、従姉妹の陰口を聞いてしまった僕。でも30歳童貞は間違っていないので少し落ち込んだ。その夜、なつ碧叔母さんが従姉妹の事を詫びに部屋に来た。落ち込む僕を慰める様に何でも相談にのると言われ、僕は思い切ってなつ碧叔母さんが好きだと言った。そして一度でいいから抱きしめて欲しいと言った。なつ碧叔母さんは少し困った顔をしたが、僕をぎゅっと抱きしめてくれ、僕は叔母さんのいい匂いに包まれた。僕はなつ碧さんお手を掴むと、すでに硬くなった下半身に持って行き、思いの丈をぶつけた。すると一度だけだからねと優しく扱き始めた。あまりの気持ちよさに発射してしまった僕だが勃起は収まらず、もう一度したいと言うと、なつ碧さんはねっとりとしたフェラチオで僕は2度目の絶頂に達してしまった。あくる日、女性の事なんか何にもわからない僕は、なつ碧さんはオナニーするのか聞いてみた。困惑するなつ碧だったが、たまにすると答えるた。僕は興奮してしまい、見たいと言った。またまた困惑のなつ碧だが、しょうがない子ねと、僕にもわかるようにゆっくりじっくりオナニーし始めた…。

1から12 を表示中 (合計: 40件)