1から12 を表示中 (合計: 62件)
内緒の昼顔 出会いの多い配達で 稲場るか

内緒の昼顔 出会いの多い配達で 稲場るか

いつも配達に来る人妻の巨乳女性はタンクトップ。僕達を誘っているのか?今日は思い切ってわざとクレームをつけてみる事にした。すると彼女はランクの事を気にし出し僕の言う事を聞き始めた…。

憧れの兄嫁と 浅宮ちなつ

憧れの兄嫁と 浅宮ちなつ

仕事の関係で兄の家に居候中の僕。兄とは生活リズムが違い、あまり顔を合わせていないが、兄嫁のちなつさんにはとても良くしてくれるので、僕は日々楽しくドキドキしていた。それもその筈、昔兄からちなつさんを紹介してもらった時から自分もあんな素敵なお嫁さんをと妄想していたから。ある日仕事の予定が変わり帰宅すると、なんとちなつさんがエロ動画を見ながら一人自慰をしていた。そっと立ち去ろうとしたがその姿をちなつさんに気付かれてしまった。自室に逃げ込むと、ちなつさんがやってきた。見ましたよねという問いかけに頷いてしまった僕。軽蔑しますよねと言われ、首を横に振る。そして僕は緊張のあまりちなつさんの事が好きですと告白してしまっていた。するとちなつさんはさっき見た事は内緒にしてくれる?と聞いてした。もちろんと頷くと、じゃあ内緒にする代わりにと、そっと目を閉じ唇を僕に近づけてきた...。

憧れの女上司と 池谷佳純

憧れの女上司と 池谷佳純

厳しくも優しく指導してくれている池谷さん。僕は彼女のことを姉のように慕い、淡い恋心を抱いていた。そんな折僕は池谷さんと初めて二人だけの出張に行くことになった。仕事もひと段落した矢先、僕たちは帰れなくなるトラブルに見舞われた。急遽宿を探し、なんとか寂れた温泉宿の一部屋を確保できた。宿が用意してくれた食事をいただきながらお酒を飲む。少し頬が赤くなった池谷さんは可愛らしく僕は彼女に告白すると決めた。食後、花火に喜ぶ彼女の手を握り、今まで秘めていた思いを告白した。困惑したような彼女だったが、うんと頷くと僕たちは初めてのキスを交わした...

憧れの女上司と 本真ゆり

憧れの女上司と 本真ゆり

憧れていた上司本真さん。仕事に厳しいが優しくて綺麗で、僕は大好きだった。ある時本真さんと二人で地方へ出張。なんとか仕事を終えたが僕たちは帰る事が出来なくなってしまった。仕方なく宿を探すがそう上手くはいかず、やっと見つけた宿は一部屋しか空いておらず、仕方なくそこで泊まる事になった。宿が用意してくれた料理は美味しく、お酒が進む。浴衣姿の本真さんは綺麗で、お酒のせいか少しピンクに色づいた頬に僕は堪らなくなり、好きですと告白してしまった。用意された布団へ本真さんを寝かせる。本当に好きなのになぁと思っていると本真さんは起き上がり、僕を見つめた。僕は本気で好きだと言うと、そっと僕にキスをした。それから僕は彼女と体を重ねた。夢のような時間、気がつくと僕は眠っていた...

憧れの兄嫁と 空見依央梨

憧れの兄嫁と 空見依央梨

仕事の関係で兄の家に居候中の僕。兄とは生活リズムが違い、あまり顔を合わせていないが、兄嫁の依央梨さんにはとても良くしてくれるので、僕は日々楽しくドキドキしていた。それもその筈、昔兄から依央梨さんを紹介してもらった時から自分もあんな素敵なお嫁さんをと妄想していたから。ある日仕事の予定が変わり帰宅すると、なんと依央梨さんがエロ動画を見ながら一人自慰をしていた。そっと立ち去ろうとしたがその姿を依央梨さんに気付かれてしまった。自室に逃げ込むと、依央梨さんがやってきた。見ましたよねという問いかけに頷いてしまった僕。軽蔑しますよねと言われ、首を横に振る。そして僕は緊張のあまり尚子さんの事が好きですと告白してしまっていた。すると依央梨さんはさっき見た事は内緒にしてくれる?と聞いてした。もちろんと頷くと、じゃあ内緒にする代わりにと、そっと目を閉じ唇を僕に近づけてきた...

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 田所百合

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 田所百合

百合は優しいの夫と仲良く生活していたが、肝心の夜の方がめっきり減ってしまい欲求不満気味。火照る体を冷ますことも出来ず悶々としていた。ある日、夫の兄が泊まりに来ることになったが、百合はこの義兄があまり好きではなかった。少し不機嫌な百合をよそに、久しぶりの兄弟は話が弾む。百合も話に付き合っていたがふと視線を落とすと義兄の股間が妙に膨らんでいる。まさかと思いつつ何度も見返し、気づけば義兄の股間を凝視してしまっていた。百合は自宅でマッサージサロンを営んでおり、夫は義兄に百合のマッサージを受ける様に進めた。義兄を寝かせマッサージを始める百合だったが、どうにもこうにも義兄のアレが気になって仕方がない。仰向けで寝かせ足を念入りにマッサージするが、油断すると股間へ手が伸びそうな理子。触らせて欲しいと口から出そうになった時、夫が義兄を呼びに、二人はいそいそと出かけてしまった。百合はその場でへたり込んでしまい、義兄のあそこを思い出しながら淫らな妄想に耽ってしまう...

憧れの女上司と 高宮菜々子

憧れの女上司と 高宮菜々子

美人で仕事出来る女と評判高い高宮さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女ことが好きだった。あれから数年経ち僕は高宮さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は鈴木さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねてに居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は高宮さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると高宮さんは困ったような怒ったような顔をしていた。高宮さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答えてを握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。

憧れの兄嫁と 赤瀬尚子

憧れの兄嫁と 赤瀬尚子

仕事の関係で兄の家に居候中の僕。兄とは生活リズムが違い、あまり顔を合わせていないが、兄嫁の尚子さんにはとても良くしてくれるので、僕は日々楽しくドキドキしていた。それもその筈、昔兄から尚子さんを紹介してもらった時から自分もあんな素敵なお嫁さんをと妄想していたから。ある日仕事の予定が変わり帰宅すると、なんと尚子さんがエロ動画を見ながら一人自慰をしていた。そっと立ち去ろうとしたがその姿を尚子さんに気付かれてしまった。自室に逃げ込むと、尚子さんがやってきた。見ましたよねという問いかけに頷いてしまった僕。軽蔑しますよねと言われ、首を横に振る。そして僕は緊張のあまり尚子さんの事が好きですと告白してしまっていた。すると尚子さんはさっき見た事は内緒にしてくれる?と聞いてした。もちろんと頷くと、じゃあ内緒にする代わりにと、そっと目を閉じ唇を僕に近づけてきた...

憧れの女上司と 田所百合

憧れの女上司と 田所百合

ハッキリ物を言う漢気あるタイプの上司、田所さん。周りはキツイ女性と思っているが、僕はそんな田所さんが好きだし憧れていた。遂に念願叶い田所さんと同じプロジェクトを任された。しかし中々上手くいかない。そんな時田所さんに誘われ居酒屋へ。色々話していると電車が動いてないことが分かった。家に帰れあい僕に田所さんはうちに泊まればと言ってくれた。田所さんの自宅に着いた僕はドキドキしっ放しで、勧められたお酒も飲み干してしまい、我慢できずに好きですと告白してしまった。冗談言わないでよという彼女の目を見つめ、手を握り僕はキスしてしまった...

内緒の昼顔 出会いの多い配達で 美原すみれ

内緒の昼顔 出会いの多い配達で 美原すみれ

主婦すみれ。子供も手を離れ、昼間ひとりの時間を持て余すようになっていた。そんなある日、個人で出来る宅配の仕事がある事を知り、思い切って始めてみる事に。仕事は思った以上に楽しく、そしてすみれの女を刺戟する出会いが溢れていた。今日も常連のおじさんから注文が入った。時間を確認しチャイムを鳴らした。荷物を届けると同時にすみれはおじさんへキスをする。すみれは満足するまで抱かれ部屋を後にした。ある日、若いお兄さんの元へ荷物を届けると、まえから好きでしたと抱きしめられた。可愛いと思っていたお兄さんだし嬉しいが、次の依頼も決まっていたので帰らないといけない。しかしお兄さんの気持ちにも答えたいすみれは、硬くなっている男根をしゃぶり発射を受け止め立ち去った。後日、お兄さんの元へ足を運ぶと、この前の続きねと言いお兄さんの体を味わいつくすのであった...

人妻の非日常生活 篠原ちとせ

人妻の非日常生活 篠原ちとせ

ふとした事で足に怪我をしてしまったちとせ。単身赴任中の夫に相談したところヘルパーさんをお願いする事に。てっきり女性の方が来ると思っていたが、ちとせの家にやってきたのは若い男性だった。ちとせは優しく介護してくれる彼に少し心惹かれていた。彼の事を思うと胸が熱くなり、自然と指が秘部へと向かってしまう。そんなちとせの姿を偶然彼に見られてしまった。恥ずかしさのあまりちとせは彼を引き寄せ服を脱がせ始め、すでに硬くなっている彼の股間へと顔を埋めた..

憧れの女上司と 葵百合香

憧れの女上司と 葵百合香

美人で仕事出来る女と評判高い葵さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女ことが好きだった。あれから数年経ち僕は葵さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は葵さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねてに居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は葵さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると葵さんは困ったような怒ったような顔をしていた。葵さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答えてを握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。

1から12 を表示中 (合計: 62件)