1から12 を表示中 (合計: 49件)
憧れの女上司と 大城雪乃

憧れの女上司と 大城雪乃

入社当時からお世話になっている上司大城さん。厳しい指導で僕の同期たちからは恐れられていた。でも僕は彼女が見せる優しい笑顔が好きで、人知れず恋心を抱いていた。しかし大城さんは人妻で上司で僕には何も出来ないと思っていた。ある日、新プロジェクトの為、僕は大城さんとペアを組む事になった。同期からはご愁傷様と言われてしまったが僕は憧れの大城さんと仕事が一緒にできると毎日楽しきて仕方がなかった。外回り営業中、電車が動いていないらしく仕方なく僕たちは時間を潰す為威酒屋へ。しかし電車は動かず帰れない。すると大城さんが自宅へ招いて売れた。サイドの乾杯。緊張のあまり酔いが回った僕は、大城さんに好きだと告白してしまった。驚いたような困ったようなそれでいて嬉しそうな彼女雨の表情。手を握り目を見つめると、彼女は少し微笑んで目を閉じた。高まる気持ちを抑えゆっくりとキスをした。少し恥ずかしそうにする彼女が愛しくて、僕は彼女を抱きしめ再びキスをした...

人妻の非日常生活 性的介護を要求してしまった夫人 小早川怜子

人妻の非日常生活 性的介護を要求してしまった夫人 小早川怜子

家事の最中怪我をしてしまった怜子。夫は出張中でおらず、電話をしても忙しいからと切られてしまった。悩んだは怜子はヘルパーさんに手助けしてもらう事にした。ヘルパーさんは優しく怜子は色々助けて貰いながら生活していた。夫は相変わらず忙しいからと怜子の心配などしなかった。その様子を見たヘルパーさんは怜子が笑顔になればとケーキを買ってきてくれた。その優しさが怜子には嬉しくなり、ヘルパーさんにキスをし体を求めてしまった。まるで恋人のように愛し合う二人。しかしヘルパーは今日で担当が変わると怜子に告げた。翌日、新しいヘルパーは前とは真逆の肉体派。電球を取り換えてとお願いした際、夫とも前のヘルパーとも違うもっこり具合に目を奪われてしまった。怜子は自分が淫らな女なのかと心痛めたが、あのもっこりが気になってしまい想像しながら自慰してしまっていた。するとドアが開きヘルパーが。すいませんと謝る彼は何故か股間を押さえており、怜子は彼の手を退けズボンを下ろさせた。前のヘルパーも良かったがこっちのモノも素敵とばかりに舐め咥え激しいピストンを怜子は味わった。そして数日後。怜子の怪我は完治した。治った喜びよりもヘルパーさんに会えない事が悲しくなった怜子はある事を思いつく。怜子は完治祝いと称し二人のヘルパーを自宅に招くことにした...

人妻の非日常生活 性的介護を要求してしまった夫人 成宮いろは

人妻の非日常生活 性的介護を要求してしまった夫人 成宮いろは

いろはは日常の何気ない瞬間に怪我をしてしまった。思った以上に症状は酷く、日常生活が儘ならない程だった。悩んだ末、いろははヘルパーさんに来て貰う事にした。若く逞しいヘルパーはいろは好みで、不自由な暮らしをするいろはを優しくケアした。いろははその度に胸をキュンとさせていた。そんなある日ヘルパーさんが最近元気がないいろはの為ケーキを買ってきてくれた。彼の優しさに涙ぐむいろはは彼に抱きつきキスしてしまった。寝室での二人はまるで恋人のように求め合い愛し合った。しかし彼の口から出たのは担当が変わります、との言葉だった。新しい担当になったヘルパーさんは体育会系タイプ。正直苦手なタイプであったがお冷え様抱っこで運んでくれたりと男らしい姿にいろははまたときめいてしまっていた。テキパキと作業をこなす新ヘルパーさんなのだが、いろははある一部が気になって仕方がなくなっていた。そう、股間がもっこりでついつい目で追ってしまっていたのだ。寝室で寛ぐいろはは前のヘルパーさんとの行為や、新ヘルパーのもっこりを思浮かべながら体を弄っていた。新ヘルパーさんが部屋へ。慌てて出ようとする新ヘルパーさんを引き留めると、言葉巧みにパンツを脱がせ、気になっていた股間のもっこりを確認した。いろははごくりと生唾を飲み込むと、予想以上に大きなブツへと舌を這わせてゆくのであった...

憧れの女上司と 篠崎かんな

憧れの女上司と 篠崎かんな

僕の直属の上司、篠崎さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。今日は二人で地方で営業回り。なんだかんだで時間が過ぎ気づけは終電を逃してしまっていた。やっと見つけた旅館は1部屋しか空いておらず、仕方なく僕達はこの部屋で一夜を過ごすことになってしまった。早速風呂に入り部屋に戻ると食事が用意されていた。食事をいただきお酒を頂く。気がつけば二人とも結構飲んでしまっていた。すると篠崎さんから旦那さんの愚痴が。僕はぼそっと篠崎先輩のそうゆうところが可愛くて好きなんだけどなぁと呟いてしまっていた。それから暫くすると篠崎さんは酔いつぶれてしまっていた。布団へ運ぶと僕を旦那さんと勘違いしたのか篠崎さんが抱きついてきた。本当は嬉しかったが、やはりマズイと離れようとすると、少し真面目な顔で、さっき好きって言ったのは本当?と聞き目を閉じた。僕はたまらくなり彼女へキスをした。それはまるで夢のような、憧れていた女性となんども愛し合った。翌朝僕は彼女のキスで目を覚まし、昨日のことが夢ではないと実感した...

憧れの兄嫁と 平岡里枝子

憧れの兄嫁と 平岡里枝子

仕事の関係で兄の住む地方へ数ヶ月出張になった関係で、僕は兄宅で居候する事になった。兄の奥さん里枝子さんはおっとりとした女性で僕は好意を持っていた。ただ、年に何回かしか会う事もなく僕は緊張していた。でもシフトの関係で昼夜逆転している為、必然的に兄嫁里枝子さんと話す事が多くなっていた。僕はあまり話す方ではないので、もっぱら里枝子さんの話を聞いていた。最近の話や近所の事、兄への愚痴なんかも聞いていた。たまに兄との営みの話なんかもポロっと出てきて、満足していないのかなとか思っていた。ある日、深夜シフトの関係で終電で帰宅した僕は、真っ暗な部屋で何やらモゾモゾしている里枝子さんが目に入った。これは見てはいけないと自室へ向かおうとしたが里枝子さんに見つかってしまい、気まずい雰囲気になってしまった。その後僕の部屋にやってきた里枝子さん。僕は秘密にしますと言い、テンパってしまった僕は里枝子さんに好きだと告白し抱きしめてしまった。里枝子さんも混乱したのか交換条件で僕のしたい事していいといい目を閉じた。ゆっくりと唇重ねる、僕は今まで耐えていた理性は弾け飛んでしまい朝までなんども彼女を求めてしまっていた...

憧れの女上司と 朝川静香

憧れの女上司と 朝川静香

毎月恒例の地方への出張…いつもは当然別々の部屋に泊まるのだがちょっとした手違いで憧れの女上司と同部屋に泊まる事に…初めて出張先で酒を飲んだせいか?何だか普段より酔いが早いな…あれ…?この柔らかいものは…まさかおっぱい?

憧れの兄嫁と 片瀬仁美

憧れの兄嫁と 片瀬仁美

仕事の関係で兄の住む地方へ数ヶ月出張になった関係で、僕は兄宅で居候する事になった。兄の奥さん仁美さんはおっとりとした女性で僕は好意を持っていた。ただ、年に何回かしか会う事もなく僕は緊張していた。でもシフトの関係で昼夜逆転している為、必然的に兄嫁仁美さんと話す事が多くなっていた。僕はあまり話す方ではないので、もっぱら仁美さんの話を聞いていた。最近の話や近所の事、兄への愚痴なんかも聞いていた。たまに兄との営みの話なんかもポロっと出てきて、満足していないのかなとか思っていた。ある日、深夜シフトの関係で終電で帰宅した僕は、真っ暗な部屋で何やらモゾモゾしている仁美さんが目に入った。これは見てはいけないと自室へ向かおうとしたが仁美さんに見つかってしまい、気まずい雰囲気になってしまった。その後僕の部屋にやってきた仁美さん。僕は秘密にしますと言い、テンパってしまった僕は仁美さんに好きだと告白し抱きしめてしまった。ちとせさんも混乱したのか交換条件で僕のしたい事していいといい目を閉じた。ゆっくりと唇重ねる、僕は今まで耐えていた理性は弾け飛んでしまい朝までなんども彼女を求めてしまっていた...

人妻の非日常生活 性的介護を要求してしまった夫人 澤村レイコ

人妻の非日常生活 性的介護を要求してしまった夫人 澤村レイコ

レイコは日常の何気ない瞬間に怪我をしてしまった。思った以上に症状は酷く、日常生活が儘ならない程だった。悩んだ末、レイコはヘルパーさんに来て貰う事にした。若く逞しいヘルパーはレイコ好みで、不自由な暮らしをするレイコを優しくケアした。動けないレイコをお姫様抱っこで運んだり、患部をマッサージしたり。レイコはその度に胸をキュンとさせていた。今日もレイコをケアしマッサージするヘルパー。マッサージをされながらレイコはヘルパーに犯●れる妄想を膨らませていた。ヘルパーのケアもあり、一人で動けるようになったレイコ。深夜、例のヘルパーを思いながら自慰に耽るが、元気になるとヘルパーが来なくなる事を考えると気分が落ち込んだ。いつものようにヘルパーがレイコの元へ。レイコはトイレに行きたいと伝えた。トイレの介助中レイコはヘルパーのズボンをいきなり下ろした。思った通り厚く硬いモノにレイコは嬉しくなり興奮し、徐に股間へ吸い付いた。レイコの口の中で大きくなる肉棒はさらに硬度を上げ、レイコの口中へと白濁液を噴出させた。それからレイコはヘルパーが来る度、性的介助もお願いしていた...

憧れの女上司と 冴木真子

憧れの女上司と 冴木真子

上司冴木さん同伴で営業回り。なかなか成果を上げれず落ち込んでいた。冴木さんはそんな僕に優しく励ましてくれ、飛び込みで入った旅館でなんとか結果を残せた。冴木さんと二人良かったと笑いあいさあ帰ろうとした所、旅館のご主人が既に終電は終わっていると教えられた。途方にくれる僕たちにせっかくだから泊まっていけ安くするよと言われ、僕たちはご主人の行為に甘え泊まることになった。食事は豪華でお酒を飲みながら今日の反省をしていた。冴木さんがする駄目出しだが、憧れていた冴木さんと二人きりという状況が嬉しくて、僕は冴木さんをずっと見つめていた。それぞれ風呂に入り、寝床へ。しかし寝付けない。冴木さんに声をかけると彼女も又寝れないようだった。僕は話の流れから、冴木さんのことが好きですと告白してしまった。そして僕たちは体を重ねあった。翌朝、僕は冴木さんのキスで目が覚めた。微笑む彼女に僕は唇を重ねた…。

憧れの兄嫁と 篠原ちとせ

憧れの兄嫁と 篠原ちとせ

仕事の関係で兄の住む地方へ数ヶ月出張になった関係で、僕は兄宅で居候する事になった。兄の奥さんちとせさんはおっとりとした女性で僕は好意を持っていた。ただ、年に何回かしか会う事もなく僕は緊張していた。でもシフトの関係で昼夜逆転している為、必然的に兄嫁ちとせさんと話す事が多くなっていた。僕はあまり話す方ではないので、もっぱらちとせさんの話を聞いていた。最近の話や近所の事、兄への愚痴なんかも聞いていた。たまに兄との営みの話なんかもポロっと出てきて、満足していないのかなとか思っていた。ある日、深夜シフトの関係で終電で帰宅した僕は、真っ暗な部屋で何やらモゾモゾしているちとせさんが目に入った。これは見てはいけないと自室へ向かおうとしたがちとせさんに見つかってしまい、気まずい雰囲気になってしまった。その後僕の部屋にやってきたちとせさん。僕は秘密にしますと言い、テンパってしまった僕はちとせさんに好きだと告白し抱きしめてしまった。ちとせさんも混乱したのか交換条件で僕のしたい事していいといい目を閉じた。ゆっくりと唇重ねる、僕は今まで耐えていた理性は弾け飛んでしまい朝までなんども彼女を求めてしまっていた…。

憧れの女上司と 菊市桃子

憧れの女上司と 菊市桃子

僕の直属の上司、菊市さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。周りの同僚は彼女の事を怖いと言っているが、僕は全然そうは思っていなかった。僕が上手く仕事をこなした時はとても嬉しそうに喜んでくれるし、失敗した時はすごく怒った後、優しく慰めてくれたりした。僕はそんな菊市さんが上司として女性として大好きだった。そんなある日の事、二人で日帰り出張に行く事になった。なんだかんだと仕事をこなし帰宅と思っていたが運悪く電車が動いておらず帰るに帰れなくなってしまった。仕方なく宿を探すがどこも空いておらず、やっと見つけた旅館の空室は1部屋。僕たちは二人同室で泊まる事になってしまった。食事をしお酒を頂きながら僕は菊市さんに愚痴をこぼしていた。少し酔った菊市さんはいつもの優しい眼差しで僕をみていた。菊市さんは大丈夫よと手を握ってくれた。僕は今までの想いが一気に溢れて来て、彼女に告白すると抱きキスをした。一瞬狼狽えた菊市さんだったが、僕を受け入れてくれた。その後の事はうろ覚えだが、朝起きた時、昨日の事が夢ではなかった事がわかった。僕は菊市さんのキスで目が覚めた。そしてそのままお互いの愛を確認し合うように抱き合い、カラダを求め合った...

憧れの女上司と 郡司結子

憧れの女上司と 郡司結子

厳しい上司と噂の郡司さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は郡司さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく郡司さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は郡司さんを抱きしめていた。郡司さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった...

1から12 を表示中 (合計: 49件)