1から12 を表示中 (合計: 624件)
あん時のセフレ...は友人の母親 新村あかり

あん時のセフレ...は友人の母親 新村あかり

この女性が僕の初めての女性になる人…当時僕は何かしら理由をつけては友達の家に遊びに行っていた。きっと彼女に逢いに来たいだけだったんだと思う。若い時に出産したらしく、とても綺麗でこの頃の僕には凄く刺激的だったんだ…。

許して…この婿の子供が欲しい 福山いろは

許して…この婿の子供が欲しい 福山いろは

可愛い娘と娘婿。赤ちゃんの誕生を今か今かと待ち望んでいた。今日も夕食後ほろ酔いのいろはに婿が肩を揉みながら家族団欒を満喫していた。優しくて良く気がつく婿に、いろははついこんな人が夫ならいいのにと呟いてしまった。次の日、娘が定期検診で病院へ。すると婿がいろはの元へ訪れ、昨日のことは本心ですかと聞いてきた。ドキドキを誤魔化すいろは。婿がお義母さんみたいに綺麗な人に言われると本気にしちゃいますという言葉にいろははキュンとしてしまう。抱きついてきた婿にダメ、困ると言いつつも拒絶はしないいろは。体を弄られるといろはは嬉しくて仕方がなかったが自ら欲しいとは言わなかった。すると婿は下半身を露わにし固くなった股間をひとみの目の前へ差し出す。いろはは我慢できなくなったのか、熱い肉棒に触れすぐに口中へと収めてしまっていた...。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水嶋百合子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水嶋百合子

再婚して、今度はうまくやっていけると思っていたが、妻の我儘に日々嫌気がさしていた。そんな折、前の妻百合子と偶然再会した。幸い仕事もカタが付き時間があった私は強引に百合子を家に呼んだ。二人お茶をすすりながら近況など話すうち、私は百合子と結婚していた頃のことを思い出していた。体の相性も良く、何度も求め合っていたあの頃。ふと百合子を見ると彼女もあの頃を思い出していたようで、少しもじもじとした顔をしていた。私はハッと思い出した。あの顔は百合子が求めている時にしていた表情だと。私は百合子に覆いかぶさると百合子の弱い所を攻め立て愛撫した。嫌がりながらも体を預けてくる百合子の姿に、私はたまらなく興奮し、勃起した下半身を百合子に見せつけた。困ったと言いながら少し嬉しそうな百合子の股間を押し開き、ゆっくりと中へと滑り込ませていった..。

この世は男と女だけ 義父に抱かれ続けた後 池谷佳純

この世は男と女だけ 義父に抱かれ続けた後 池谷佳純

結婚当時から出張の多い主人とのSEXに満足していなかった私は生活用品の営業に来る彼と何度か身体の関係を結んでしまいました…ほんの少しだけ遊びのつもりで…しかしそんな関係も流石にマズイと思い直ぐに止めようとした矢先普段昼間は市の集まりで居ないはずの義理の父に見られてしまいました…まぁ私が悪いのですが…そしてその夜に事態が大きく動いて行ったのです…。

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 東ひかり

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 東ひかり

父が他界し、母親が一人で暮らす実家に久しぶりに帰省した。母は元気そうで笑顔で出迎えてくれた。近所に買い物でもと出掛けたが、途中で財布がないことに気付き帰宅すると、家の中から色っぽい声が聞こえた。静かに入ると、なんとそこで母と酒屋のオヤジがセックスしていた。私は驚いたが、母のいやらしい姿に下半身はひどく硬直し、見たことのない母の姿に嫉妬してしまっていた。その夜、私は母に相談があると言い、今の母への思いをぶつけた。母の痴態を見てしまった事、興奮して抑えられない事、母を抱きたい事、母はもちろん拒否したが、私は力任せに母を抑え愛撫した。そして母へ挿入し、欲望の赴くまま一心不乱に腰を振った...。

憧れの兄嫁と 浅宮ちなつ

憧れの兄嫁と 浅宮ちなつ

仕事の関係で兄の家に居候中の僕。兄とは生活リズムが違い、あまり顔を合わせていないが、兄嫁のちなつさんにはとても良くしてくれるので、僕は日々楽しくドキドキしていた。それもその筈、昔兄からちなつさんを紹介してもらった時から自分もあんな素敵なお嫁さんをと妄想していたから。ある日仕事の予定が変わり帰宅すると、なんとちなつさんがエロ動画を見ながら一人自慰をしていた。そっと立ち去ろうとしたがその姿をちなつさんに気付かれてしまった。自室に逃げ込むと、ちなつさんがやってきた。見ましたよねという問いかけに頷いてしまった僕。軽蔑しますよねと言われ、首を横に振る。そして僕は緊張のあまりちなつさんの事が好きですと告白してしまっていた。するとちなつさんはさっき見た事は内緒にしてくれる?と聞いてした。もちろんと頷くと、じゃあ内緒にする代わりにと、そっと目を閉じ唇を僕に近づけてきた...。

内緒の昼顔 出会いの多い配達で 稲場るか

内緒の昼顔 出会いの多い配達で 稲場るか

いつも配達に来る人妻の巨乳女性はタンクトップ。僕達を誘っているのか?今日は思い切ってわざとクレームをつけてみる事にした。すると彼女はランクの事を気にし出し僕の言う事を聞き始めた…。

五十路の義母 還暦を迎える熟した肢体と濃厚な性技

五十路の義母 還暦を迎える熟した肢体と濃厚な性技

妻の母。淡白な妻とは違い男の体を知り尽くし衰えぬ性欲が僕を虜にした。

ネトラレーゼ 誘ってよかった君の奥さんやっぱりすごくいいよ… 春菜はな

ネトラレーゼ 誘ってよかった君の奥さんやっぱりすごくいいよ… 春菜はな

あの時が多分きっかけで大げさに言うと…歯車がズレて行ったんだと思います…今にして思えば昇進の為に妻を酒の席に…そして上司の隣に…ああ…妻の爆乳が…後悔しか有りません…

許して…この婿の子供が欲しい 日立ひとみ

許して…この婿の子供が欲しい 日立ひとみ

可愛い娘と娘婿。赤ちゃんの誕生を今か今かと待ち望む日立家は明るくのんびりと暮らしていた。今日も夕食後ほろ酔いのひとみに婿が肩を揉みながら家族団欒を満喫していた。優しくて良く気がつく婿に、ひとみはついこんな人が夫ならいいのにと呟いてしまった。次の日、娘が定期検診で病院へ。すると婿がひとみの元へ訪れ、昨日のことは本心ですかと聞いてきた。ドキドキを誤魔化すひとみ。婿がお義母さんみたいに綺麗な人に言われると本気にしちゃいますという言葉にひとみはキュンとしてしまう。抱きついてきた婿にダメ、困ると言いつつも拒絶はしないひとみ。体を弄られるとひとみは嬉しくて仕方がなかったが自ら欲しいとは言わなかった。すると婿は下半身を露わにし固くなった股間をひとみの目の前へ差し出す。ひとみは我慢できなくなったのか、熱い肉棒に触れすぐに口中へと収めてしまっていた...

憧れの女上司と 池谷佳純

憧れの女上司と 池谷佳純

厳しくも優しく指導してくれている池谷さん。僕は彼女のことを姉のように慕い、淡い恋心を抱いていた。そんな折僕は池谷さんと初めて二人だけの出張に行くことになった。仕事もひと段落した矢先、僕たちは帰れなくなるトラブルに見舞われた。急遽宿を探し、なんとか寂れた温泉宿の一部屋を確保できた。宿が用意してくれた食事をいただきながらお酒を飲む。少し頬が赤くなった池谷さんは可愛らしく僕は彼女に告白すると決めた。食後、花火に喜ぶ彼女の手を握り、今まで秘めていた思いを告白した。困惑したような彼女だったが、うんと頷くと僕たちは初めてのキスを交わした...

代理出産の母 松坂美紀

代理出産の母 松坂美紀

子作りに励んでいたがなかなか授からず、検査した所、娘はいわゆる不妊だった。順風満帆な娘夫婦に突きつけられた悲しい現実。娘夫婦は悩みに悩んだ末、ある結論へ到達した。ある夜、娘夫婦は神妙な顔つきで母美紀を見つめていた。手元には不妊の診断書。突然の事に狼狽するすみれに、娘はこう言った。私の子供をお母さんが産んでください、と。愛する娘の悲しい顔は見たくないと、すみれは分かったと頷くしかなかった。それから数日後、美紀の妊娠可能日を調べ、遂にその日を迎える。娘に見守られながら、娘婿と行為する。互いに緊張していたが、無事美紀の中に婿の精が放出された。そして数ヶ月後。無事着床し、美紀のなかで確実に育っている子供。その成長に合わせるかのように、美紀のなかの女も又目覚め始め...

1から12 を表示中 (合計: 624件)