婿に抱かれた義母 芝山奈穂

婿に抱かれた義母 芝山奈穂
夫に先立たて数年が経ち、人にの生活にも慣れた頃、都会に住んでいる娘夫婦が遊びに来ないかと誘ってくれた。

数日間ではあるが久々の旅行に菜穂はワクワクしていた。

娘夫婦の自宅は小綺麗で、娘の手料理に舌鼓を打ちつつワイワイと盛り上がりお酒も進んでいた。

酩酊の菜穂はふらふらとトイレへ、足元おぼつかない様子に娘婿がつきそう。

菜穂は支えているのを亡くなっている夫だと勘違いし、婿の股間を愛おしそうにしゃぶってしまう。

深夜、先ほどの義母のフェラでは満足できなかった婿はこっそり菜穂の寝室へ。

ひとしきり菜穂を愛撫する。

次第に大胆になっていく婿は菜穂へと挿入しようとするが、突然菜穂が目をさまし、この状況に驚いた。

しかし婿は我慢できなくなり、やや乱暴に菜穂を抱きしめると、無理やり挿入した。

ダメと言いつつ娘婿の男根を受け入れた菜穂は婿が動くたび、快感に身をよじらせてしまっていた…。

婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai1
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai2
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai3
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai4
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai5
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai6
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai7
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai8
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai9
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai10
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai11
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai12
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai13
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai14
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai15
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai16
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai17
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai18
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai19
婿に抱かれた義母 芝山奈穂...thumbnai20
レビュー
  • 投稿者 大僧正

    婿に寝取られるが奈穂も快感を抑えられず関係を深くして行きます。
    41歳で82cmの乳房は少し寂しいですがエロさはあります。ヘアーの長さも色っぽいです。

関連動画

超ねっとり舐める人妻レズ 濃厚接吻 黒乳首 膣 アナル 脚 新尾きり子 芝山奈穂

超ねっとり舐める人妻レズ 濃厚接吻 黒乳首 膣 アナル 脚 新尾きり子 芝山奈穂

きり子と奈穂は親友のママ友。二人はどんなことでも話し合える仲であったが、きり子は奈穂に話していない秘密があった。それはきり子がレズビアンであり、奈穂に対して恋愛感情を抱いていることだった。ある日、きり子が旦那との生活が上手くいっていないことを奈穂に相談するが、うたた寝をしてしまったきり子に奈穂がキスをする。特集:ライブチャット 人妻フロアでキャンペーン中!最新作やセール商品など、お得な情報満載の『AV総合グループ【妄想族】デジタルメガストア』はこちら!サンプル画像画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。拡大サンプル画像をご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてくださいJavaScriptの設定方法

婿に抱かれた義母 麻生まり

婿に抱かれた義母 麻生まり

娘が結婚し婿養子を迎え、順風満帆だと思われたタイミングで夫が亡くなり、まりは麻生家を守るべく頑張ってきた。しかし、大黒柱である筈の婿がどうも頼りなく、まりのストレスは増すばかりだった。休日、娘は買い物に出掛けたが、婿はゲーム三昧。まりはそんな婿の怠惰な姿に、カミナリを落とした。婿はというと、休日のひと時を邪魔され、しかも妻との夜も暫く無し、稼いできているのは自分なのにと怒りに震えていた。まりは婿に言いたいことを言うと立ち去ってしまった。キッチンで洗い物でもと思っていると背後に気配を感じた。そこには婿が立っており、突然襲いかかっていた。婿は乱暴にまりを揉みしだき、服を剥いでいった。抵抗するも婿の力には勝てず、なすがままに犯されてゆく。強引にクンニされ、硬くなった肉棒を咥えさせられ、中を激しくかき回されてしまった。婿が発射し、その場を立ち去るが、まりは暫くその場でプルプルと震えていた。その夜、まりは思いつめた表情でリビングに座っていた。婿が申し訳なさそうにまりの前に現れ、謝りの言葉を言った。その言葉を遮るように婿へ抱きつくと、甘えるようにキスをした。そう、昼間婿に襲われた際、まりは何度も絶頂を味わっていた。頼りないと思っていた婿に何度もイカされ、硬く熱い肉棒で何度も膣壁を削られた。まりが震えていたのは婿の肉棒の感触を反芻していたからであった。まりは硬くなりつつあった婿の肉棒を取り出すと愛おしそうに眺め、跪くとベロを出しゆっくりと舐め始めたのであった...。

婿に抱かれた義母 島津かおる

婿に抱かれた義母 島津かおる

娘が結婚し婿養子を迎え、順風満帆だと思われたタイミングで夫が亡くなり、かおるは島津家を守るべく頑張ってきた。しかし、大黒柱である筈の婿がどうも頼りなく、かおるのストレスは増すばかりだった。休日、娘は買い物に出掛けたが、婿はゲーム三昧。かおるはそんな婿の怠惰な姿に、カミナリを落とした。婿はというと、休日のひと時を邪魔され、しかも妻との夜も暫く無し、稼いできているのは自分なのにと怒りに震えていた。かおるは婿に言いたいことを言うと掃除をしに戻った。背後に気配を感じると婿が立っており、突然襲いかかっていた。婿は乱暴にかおるを揉みしだき、服を剥いでいった。抵抗するも婿の力には勝てず、なすがままに犯されてゆく。強引にクンニされ、硬くなった肉棒を咥えさせられ、中を激しくかき回されてしまった。婿が発射し、その場を立ち去るが、かおるは暫くその場でプルプルと震えていた。その夜、かおるは思いつめた表情でリビングに座っていた。婿が申し訳なさそうにかおるの前に現れ、謝りの言葉を言った。その言葉を遮るように婿へ抱きつくと、甘えるようにキスをした。そう、昼間婿に襲われた際、かおるは何度も絶頂を味わっていた。頼りないと思っていた婿に何度もイカされ、硬く熱い肉棒で何度も膣壁を削られた。かおるが震えていたのは婿の肉棒の感触を反芻していたからであった。かおるは硬くなりつつあった婿の肉棒を取り出すと愛おしそうに眺め、跪くとベロを出しゆっくりと舐め始めたのであった…。

婿に抱かれた義母 槇原あや

婿に抱かれた義母 槇原あや

あやは苛立っていた。会社経営の夫とその秘書をしている娘、しっかりした二人に比べ、同じ会社で働く娘婿が頼りなく、何を言っても逃げているばかり。今日も夫と娘が仕事の事を話していても聞いておらず...夫が出張した日、あやは我慢できず娘婿にお小言。もっとしっかりしなさいと焚きつけたつもりでいた。その夜、お小言の所為で眠れない婿はひとり寝のあやの元へ忍び込むと腹いせとばかりにいやらしいイタズラをし始めた。目を覚ましたあやは婿の行動に驚き大声を出そうとしたが、婿の力には勝てず、乱暴な愛撫をされた。嫌がるあやとは裏腹に、久しぶりの男にカラダは過剰反応し、あやの秘部からは淫汁が滴り落ちてしまう。婿はチ●ポをあやの秘部に押し当てると思い切り突き刺した。あまりの快感にあやは悶絶した。婿は精を吐き出すと静かにあやの寝室から出て行った。婿に対する嫌悪と、無理やり与えられた快感にあやは放心した…。

婿に抱かれた義母 福山いろは

婿に抱かれた義母 福山いろは

娘が婿を取り福山家も安泰と思った矢先、夫に先立たれ未亡人になってしまったいろは。夫が築いてきたこの家を守るべく娘にも娘婿にも強く言い聞かせていた。休日、娘は買い物に出かけ、婿はダラダラとゲームをしていた。いろははだらしない婿にお小言が止まらず、次第にヒートアップ。黙って聞いていた婿だったが、怒りと悔しさでいろはを襲ってしまう。驚きで抵抗するいろはだが、荒々しく激しく婿はいろはを攻めていった。気持ちとは裏腹にいろはのカラダは過剰に反応し、婿の肉棒をやすやすと受け入れてしまった。激しくも優しいピストンにいろはの口から吐息が漏れ、婿の発射に合わせるようにいろはも絶頂に達した。そそくさと立ち去る婿。いろはは婿の逞しさを身を持って感じてしまい、カラダの奥から沸き起こる性への欲求に頭が混乱してしまっていた…。

婿に抱かれた義母 尾野玲香

婿に抱かれた義母 尾野玲香

娘が結婚し婿養子を迎え、順風満帆だと思われたタイミングで夫が亡くなり、玲香は尾野家を守るべく頑張ってきた。しかし、大黒柱である筈の婿がどうも頼りなく、玲香のストレスは増すばかりだった。休日、娘は買い物に出掛けたが、婿はゲーム三昧。玲香はそんな婿の怠惰な姿に、カミナリを落とした。婿はというと、休日のひと時を邪魔され、しかも妻との夜も暫く無し、稼いできているのは自分なのにと怒りに震えていた。玲香は婿に言いたいことを言うと掃除をしに戻った。背後に気配を感じると婿が立っており、突然襲いかかっていた。婿は乱暴に玲香を揉みしだき、服を剥いでいった。抵抗するも婿の力には勝てず、なすがままに犯されてゆく。強引にクンニされ、硬くなった肉棒を咥えさせられ、中を激しくかき回されてしまった。婿が発射し、その場を立ち去るが、玲香は暫くその場でプルプルと震えていた。その夜、玲香は思いつめた表情でリビングに座っていた。婿が申し訳なさそうに玲香の前に現れ、謝りの言葉を言った。その言葉を遮るように婿へ抱きつくと、甘えるようにキスをした。そう、昼間婿に襲われた際、玲香は何度も絶頂を味わっていた。頼りないと思っていた婿に何度もイカされ、硬く熱い肉棒で何度も膣壁を削られた。玲香が震えていたのは婿の肉棒の感触を反芻していたからであった。玲香は硬くなりつつあった婿の肉棒を取り出すと愛おしそうに眺め、跪くとベロを出しゆっくりと舐め始めたのであった...。

婿に抱かれた義母 花島瑞江

婿に抱かれた義母 花島瑞江

娘が婿を取り花島家も安泰と思った矢先、夫に先立たれ未亡人になってしまった瑞江。夫が築いてきたこの家を守るべく娘にも娘婿にも強く言い聞かせていた。休日、娘は買い物に出かけ、婿はダラダラとゲームをしていた。瑞江はだらしない婿にお小言が止まらず、次第にヒートアップ。黙って聞いていた婿だったが、怒りと悔しさで瑞江を襲ってしまう。驚きで抵抗する瑞江だが、荒々しく激しく婿は瑞江を攻めていった。気持ちとは裏腹に瑞江のカラダは過剰に反応し、婿の肉棒をやすやすと受け入れてしまった。激しくも優しいピストンに瑞江の口から吐息が漏れ、婿の発射に合わせるように瑞江も絶頂に達した。そそくさと立ち去る婿の背中を見つめながら瑞江は何を思うのだろうか…。

婿に抱かれた義母 森下美緒

婿に抱かれた義母 森下美緒

娘には絶対話せない、私と娘婿さんの関係。今も娘の目を盗んでは婿さんに抱いて貰っています。これは私と婿さんが初めて男女の関係になった時の話です。あれは数年前、娘夫婦と一緒に温泉旅行に行った時の事でした。普段から娘は婿さんに対してキツくあたり、婿さんは何も言わず従っていました。私は夫婦とはそういうものじゃないと娘には言い聞かせていたつもりでしたが改善はみられませんでした。私は優しい婿さんが不憫で、私が出来ることならなんでも言ってとこっそり伝えたのです。私がひとり露天風呂に入っていると、なんと婿さんが入ってきたのです。そして私を好きだといい、キスをしてきました。流石に私は嫌がって抵抗しました。でも半ば無理矢理に私を抱いたんです。突然の出来出来事でしたし、婿さんみたいな男性が私みたいなおばさんに興味がある事にも驚き、私は放心してしまいました。その夜、私は娘と寝ていたんですが、婿さんが夜這いしてきて、娘が横にいるのに、私はイカされてしまいました。あの時の意地悪な婿さんの笑顔。憎らしいほどに好きになってしまいました。次の日、朝はやく目が覚めた私は、隣の部屋で寝ている婿さんに抱いて貰う為に足を運んだんです…。

婿に抱かれた義母 柏木舞子

婿に抱かれた義母 柏木舞子

息子が亡くなって数年、今度は夫が亡くなった。何もやる気のない出なかった私。でも私も前を向いて生きてゆかなければと、日常を取り戻そうとしていた。娘と娘婿が何かと気にかけてくれるし、婿さんは亡くなった息子に雰囲気が似ていて、あの子のことを少し思い出す。ある日、娘夫婦から温泉旅行をプレゼントしてくれた。久しぶりに楽しいと思える旅行、でも、つい婿さんを目で追ってしまう。あの子が生きていたら…娘からお酒を勧められ、酔った私は婿さんに抱えられて布団の元へ。寝ていると思った婿さんは、なんと私の体を弄るではないか。

婿に抱かれた義母 谷口ゆみ

婿に抱かれた義母 谷口ゆみ

娘が結婚し婿養子を迎え、順風満帆だと思われたタイミングで夫が亡くなり、ゆみは谷口家を守るべく頑張ってきた。しかし、大黒柱である筈の婿がどうも頼りなく、ゆみのストレスは増すばかりだった。休日、娘は休日出勤。しかし婿はゲーム三昧。ゆみはそんな婿の怠惰な姿に、カミナリを落とした。婿はというと、休日のひと時を邪魔され、しかも妻との夜も暫く無し、稼いできているのは自分なのにと怒りに震えていた。かおるは婿に言いたいことを言うと掃除をしに戻った。背後に気配を感じると婿が立っており、突然襲いかかっていた。婿は乱暴にゆみを揉みしだき、服を剥いでいった。抵抗するも婿の力には勝てず、なすがままに犯されてゆく。強引にクンニされ、硬くなった肉棒を咥えさせられ、中を激しくかき回されてしまった。婿が発射し、その場を立ち去るが、ゆみは暫くその場でプルプルと震えていた。その夜、ゆみは思いつめた表情でリビングに座っていた。婿が申し訳なさそうにゆみの前に現れ、謝りの言葉を言った。その言葉を遮るように婿へ抱きつくと、甘えるようにキスをした。そう、昼間婿に襲われた際、ゆみは何度も絶頂を味わっていた。頼りないと思っていた婿に何度もイカされ、硬く熱い肉棒で何度も膣壁を削られた。かおるが震えていたのは婿の肉棒の感触を反芻していたからであった。ゆみは硬くなりつつあった婿の肉棒を取り出すと愛おしそうに眺め、跪くとベロを出しゆっくりと舐め始めたのであった…。

婿に抱かれた義母 中西江梨子

婿に抱かれた義母 中西江梨子

娘が結婚し婿養子を迎え、順風満帆な中西家。忙しく働く夫と娘を尻目に婿はゲーム三昧。江梨子はそんな婿の怠惰な姿に、カミナリを落とした。婿はというと、休日のひと時を邪魔され、しかも妻との夜も暫く無し、頑張っているのにと怒りに震えていた。江梨子は婿に言いたいことを言うと立ち去ってしまった。夫が出張でおらず、一人寝室で寝ていた。はっと目をさますとなんと婿が江梨子の体を弄っていた。やめなさいと婿に言うが、婿は意にも介さず乱暴に江梨子を揉みしだき、服を剥いでいった。抵抗するも婿の力には勝てず、なすがままに犯されてゆく。強引にクンニされ、硬くなった肉棒を咥えさせられ、中を激しくかき回されてしまった。婿が発射し、その場を立ち去るが、江梨子は暫くその場でプルプルと震えていた。ある日の夜、江梨子は夫へ営みを誘った。しかし夫は歳のせいか元気が無く江梨子は満足することができなかった。江梨子はそそくさとお風呂場へ。シャワーの音が響く浴室内でこっそりと自慰をしていた。婿は浴室のガラス越しに江梨子の行為を覗いていた。江梨子の自慰を見つめていた婿だが、我慢でき無くなり激しく江梨子を抱きしめると、硬くなっている肉棒を江梨子へと突き刺した...

婿に抱かれた義母 緒方泰子

婿に抱かれた義母 緒方泰子

一人娘が結婚し婿に入ってくれたはいいが、怠惰な毎日を送る姿に泰子はイライラ。しかも夫は下半身に元気がなく、まだ女盛りの泰子は満足出来ていない日々が続いていた。今日も怒りに任せ婿を叱りつけ、夫娘に宥められた。ある日の夜、夫が飲みに出かけ一人床についていた泰子は布団の中の違和感で目が覚めた。なんと婿が泰子を夜●いしに来ていた。婿は婿で日頃の泰子の叱責にストレスが溜まり、魘される毎日。泰子を襲って少しでも溜飲を下げようと考えたのであった。目が覚めた泰子はやめなさいと言うが、興奮した婿は荒々しい愛撫を続け、強引に犯●れてしまう。間の悪い事に上機嫌に酔った夫が帰宅してきたが、泰子は夫の顔をまともに見れないまま浴室へと向かった。浴室内、先ほど婿に犯●れた体を浄めるようにシャワーを浴びる。しかし、婿の熱く逞しいモノに貫かれた泰子の体は疼きを抑えられず、指が自然と秘部を弄り始めていた。婿は自分のした事に後悔し寝付けずにいた。シャワーの音が聞こえ、婿は静かに浴室へ。泰子が体を弄りながら悶える姿に我慢できず、泰子を抱きしめた。驚いた泰子だが、婿を受け入れ体を重ねた。先程味わえなかった興奮を満たすように泰子は快感を貪り始めるのだった...

婿に抱かれた義母 安立ゆうこ

婿に抱かれた義母 安立ゆうこ

安立家の一人娘と結婚しマスオさん状態の婿。よく言えばマイペース悪く言えば強調性のない婿に義母ゆうこは常々腹立たしく思っていた。今日もみんなで食事後の団欒を楽しんでいるのに一人携帯ゲームをしている婿に雷を落としてしまった。夫の一言で言いすぎたと反省したゆうこは明日婿に謝ろうと思っていた。そんな矢先、夫が友達の誘いで飲みにでっけてしまった。ゆうこは仕方なく一人寝床についた。寝ていると何やらモゾモゾとした気配。夫が帰ってきたのかと思っていたが様子がおかしい。目を開けてみると、なんと婿が血走った目でゆうこに抱きつき乳首を吸っていた。驚き飛び起きたゆうこはやめなさいというが、婿は止めず、愛撫は激しさを増した。抵抗するゆうこだが婿の力には勝てず、夫とも最近ご無沙汰だった事もあり下半身は驚くほど濡れてしまっていた。すると婿は熱く硬くなったモノを見せつけるかの様にゆうこの中へと押し込んできた。その刹那ゆうこは気をやってしまった。婿はモノはゆうこの中を抉るように掻き回すように動き、ゆうこは抵抗できないほどの快感に包まれてしまう。婿のピストンは激しさを増し、引き抜かれた瞬間ゆうこの尻に熱い液体が掛かっていた。ゆうこは夫では味わった事のない力強い行為の快感にしばらく浸ってしまっていた。次の日の夜。ゆうこがリビングに向かうと婿が落ち込んだ顔で座っていた。婿はゆうこに昨日はごめんなさいと言った。ゆうこも言いすぎたと言い謝り、婿を優しく抱きしめた。いけない事だとわかっているけどとゆうこは呟き、婿へキスをした。もう一度だけ、今日だけと言うと、再び婿へ唇を重ねていった...

婿に抱かれた義母 加瀬まどか

婿に抱かれた義母 加瀬まどか

加瀬家の一人娘と結婚しマスオさん状態の婿。よく言えばマイペース悪く言えば強調性のない婿に義母まどかは常々腹立たしく思っていた。今日もみんなで食事後の団欒を楽しんでいるのに一人携帯をいじっている婿に雷を落としてしまった。気まずそうな婿は一人怒りに震えていた。翌日夫が出張の為一人眠るまどかは何やらモゾモゾとした気配に目を覚ました。夫目を開けてみると、なんと婿が血走った目でまどかに抱きつき乳首を吸っていた。驚き飛び起きたまどかはやめなさいというが、婿は止めず、愛撫は激しさを増した。抵抗するまどかだが婿の力には勝てず、夫とも最近ご無沙汰だった事もあり下半身は驚くほど濡れてしまっていた。すると婿は熱く硬くなったモノを見せつけるかの様にまどかの中へと押し込んできた。その刹那まどかは気をやってしまった。婿はモノはまどかの中を抉るように掻き回すように動き、まどかは抵抗できないほどの快感に包まれてしまう。婿のピストンは激しさを増し、引き抜かれた瞬間まどかの尻に熱い液体が掛かっていた。まどかは夫では味わった事のない力強い行為の快感にしばらく浸ってしまっていた。数日後の夜、まどかは夫と久しぶりの行為をしていた。まどかは珍しく夫へ激しい行為を求めたが、年のせいか中折れしてしまい夫婦共不満足な結果に終わってしまった。その後まどかは浴室へ向かい、ひとり不完全燃焼の体を慰めていると、婿が入ってきた。婿に抱きしめられたまどかは既にオンナの顔になっており、嫌がるそぶりはみせるもの、既に硬くなった勃起棒を前に跪くと躊躇いもなく口で味わうのだった...

婿に抱かれた義母 原田京子

婿に抱かれた義母 原田京子

原田家の一人娘と結婚しマスオさん状態の婿。よく言えばマイペース悪く言えば強調性のない婿に義母京子は常々腹立たしく思っていた。今日もみんなで食事後の団欒を楽しんでいるのに一人携帯をいじっている婿に雷を落としてしまった。気まずそうな婿は一人怒りに震えていた。翌日、京子は相変わらずな婿を説教した。立ち去ろうとした時、婿が血走った目でまどかに襲いかかり無理やり体を弄られた、やめなさいという京子だが婿は止めず、愛撫は激しさを増した。抵抗する京子だが婿の力には勝てず、夫とも最近ご無沙汰だった事もあり下半身は驚くほど濡れてしまっていた。すると婿は熱く硬くなったモノを見せつけるかの様に京子の中へと押し込んできた。その刹那京子は気をやってしまった。婿はモノは京子の中を抉るように掻き回すように動き、京子は抵抗できないほどの快感に包まれてしまう。婿のピストンは激しさを増し、引き抜かれた瞬間京子の尻に熱い液体が掛かっていた。京子は夫では味わった事のない力強い行為の快感にしばらく浸ってしまっていた。数日後の夜、京子は夫と久しぶりの行為をしていた。京子は珍しく夫へ激しい行為を求めたが、年のせいか中折れしてしまい夫婦共不満足な結果に終わってしまった。その後京子はひとり不完全燃焼の体を慰めてしまっていた...

婿に抱かれた義母 小田しおり

婿に抱かれた義母 小田しおり

夫が亡くなって頼りになるはずの婿がしっかりしていない事に、しおりは怒っていた。今日も一人ゲームをする婿にしっかりしてと叱責した。すると日頃のしおりの言動に鬱憤が溜まっていたのか、婿がしおりに襲いかかってきた乱暴に愛撫され、半ば強引に挿入されてしまった。行為が終わりそそくさと婿は部屋を出て行った。その夜、寝付けないしおりの元に婿が現れ行為の事を謝った。怒られると萎縮している婿をしおりは抱きしめると、自らキスをし、驚く婿の体を愛撫する。そしてしおりは婿お身体を味わう様に絶頂に達するのであった…

婿に抱かれた義母 山岸由香

婿に抱かれた義母 山岸由香

優柔不断でだらしなく頼りない娘婿。しかも娘も夫も婿に甘く、由香は毎日頭を悩ませていた。今日もちょっとした事で由香は婿を叱り飛ばしてしまった。その日の夜、夫が寝る間近にも関わらず、飲みに誘われ出かけて行った。さすがに言いすぎたと反省した由香は明日婿に謝ろうと思いながら就寝した。由香はなんとも言えない寝苦しさに目を開けると、自分の体を弄る婿の姿があった。驚きやめるように言うが興奮した婿は聞く耳を持たず、愛撫をやめようとはしない。口では嫌がっていても体が反応してしまい、次第に感じてきてしまう由香。そして強引に挿入され、激しく突かれると、由香は何度もイッてしまっていた...

義理の息子 性欲の強い息子にめろめろにされた義母 三浦恵理子

義理の息子 性欲の強い息子にめろめろにされた義母 三浦恵理子

連れ子のいる男性と結婚して急きょ大学生の子供の母になりった恵理子。最初は上手くやっていけるか不安だったが、彼は性格も良く恵理子を慕ってくれ、これならば家族3人仲良く暮らせると思っていた。ある日の事、息子君が浮かない顔をして帰宅してきた。心配になった恵理子が話を聞くとどうやら彼女に振られてしまったらしい。恵理子は優しい言葉を彼に投げかけた。その後、恵理子は息子君の別れた原因に驚いた。なんと日に何度も彼女に求め、しかも毎日SEXしていたらしい。息子君はどう考えても草食系、そんなそぶりも感じた事などなかった。それから数日。性欲を発散する事ができなくなった息子君はあろう事か恵理子を襲って犯してしまう。発射しても衰えない若さと絶倫さに恵理子は驚愕したが、夫では満たされない満足感を体で味わってしまっていた…。

元彼と再会する妻 篠崎かんな

元彼と再会する妻 篠崎かんな

僕等は結婚3年目の夫婦…仲は良いがセックスレス気味…最近では月一回有るかな?位…マンネリ解消の為僕の方から思いきって…NTRって知ってる?やってみない?って聞いてみた…最初は「はぁw?バカじゃないw?」って感じな妻だった……が。3ヶ月位前のある日妻の方から…「実は来週元カレだった男から結婚するからその前に一回だけ逢えないか?」と3年振りに連絡があったらしい…それが今日…頼んだは僕だけど…今夜…これから…妻が出掛けて行く…妻は…浮気を…するのだろうか…?

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 篠野まゆみ

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 篠野まゆみ

親父が亡くなって数年、外に出たがらない母だったが、ようやく落ち着いて来たのだろう、僕たち夫婦の新居に遊びに来てくれた。母の元気そうな顔を見た息子は安堵した。息子は偶然母の入浴を見てしまう。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。息子は母の裸体に興奮してしまった。深夜、ご無沙汰気味だった妻に久しぶりの行為を熱望した。しかし妻に今回も拒絶されてしまった。高まった息子の性欲ははけ口を探した。母の寝室に忍び込み、そっと布団をめくると母の股間を弄り始めた。次第に湿り気を帯びてゆく淫部。息子は思い切り母の淫毛へと発射した。立ち去る姿を薄目で見送り掛けられた精液をぬぐった母は、息子の奇行に思い悩んだ。翌日妻が外出し、母と二人きりになった息子はおもむろに母へ抱きつくと、乱暴に愛撫し始める。拒絶する母だが息子の力に勝てず、口と手で息子を鎮めようとする。最後の一線は守られたが、息子の激しく求める様に母は忘れていたオンナを思い出してしまう。深夜、寝付けない母は、ひっそりと自分を慰め始める。少しずつ早くなってゆく鼓動。オンナを満たしたい欲求で激しくなってゆく自指。何度もイクが満足できない熟れたカラダ。その姿を見透かされたように息子が母の前に現れる。すでに受け入れるカラダになっている母は息子を完全には拒否できず、硬い息子棒により貫かれてしまう。膣内が満たされた喜びは、母を快感で包み込み、瞬時に絶頂へ達してしまうのであった…

この世は男と女だけ スケベ過ぎた妻 平岡里枝子

この世は男と女だけ スケベ過ぎた妻 平岡里枝子

里枝子は昨年、年上の子持ちの夫と再婚した。少し恥ずかしいが新婚生活を満喫している。義理の息子は好青年で里枝子を本当の母のように慕ってくれている。里枝子は理想的な環境で家族3人暮らせることに幸せを感じていた。しかし里枝子には夫に言えない悩みがあった。それは日毎増してゆく自分の性欲。夫は年上だがアッチの方は強く、里枝子も満足している。不意にムラムラした時は里枝子は夫におねだりし、夫もそれに答えていた。しかし流石に毎日とはいかず、里枝子は思い切って大人の玩具を購入して性欲を抑えてみようと考えた。荷物が届く日、里枝子は自分一人の時に受け取ろうと思っていたが、間の悪いことに義理の息子が受け取ってしまった。息子は里枝子へと荷物を渡したが、里枝子は自分が大人の玩具を購入したのを知っているのではないか、恥ずかしい女と思っているのではないかと勝手に妄想し、欲情を高ぶらせてしまい、荷物を開封するや否や一人激しく自慰行為に耽った。一時的に満足するものの里枝子の渇きは抑えられず、夜、夫におねだりしてしまった。行為が終わりリビングへ向かう途中、息子の部屋のドアが少し空いていた。そっと覗くと息子は寝転がり股間を扱いていた。自分たちの行為で興奮し自慰をしたんだとと感じた里枝子はその日から息子をそうゆう目でしか見れなくなり、夫のいない日、遂に里枝子は息子を誘惑してしまう。息子との行為は激しく、夫にはない強さに里枝子は喜びの声を上げた。だがそれでも里枝子はもっと満足のいく行為を求めてしまい…。

兄嫁の性癖 八乃つばさ

兄嫁の性癖 八乃つばさ

正直…バレるかと思いました…しかし…なぜかこの時の私は…凄く…興奮…してました…今迄に無い位アソコが…濡れてたんです…。

義父は知らない僕と母の近親相姦 川上ゆう

義父は知らない僕と母の近親相姦 川上ゆう

私はこの男性と再婚してから…もう7年程経ちます…女で1つで息子を育てて来た私にとても優しく…そして息子も直に懐き…家族関係は良好です…え?息子が覗いている?存じております…実は…私と息子にはちょっとした秘密が有りまして…。

あの時のセフレは...友人の母親 篠原ちとせ

あの時のセフレは...友人の母親 篠原ちとせ

部屋の片付け中、段ボールの隙間から懐かしい写真が出てきた。初めての彼女とのツーショット写真。その写真を眺めながら昔のことを思い出していた。彼女と初めて出会ったのは親友の家。そう、彼女は親友の母親だった。僕は何かにつけ親友の家に行った。勿論彼女に会いたかったから。僕はまだ子供でこの感情をどうすればいいのか解らなかった。ある日僕は親友の家に行った。その日は彼女しかおらず、いつも以上にドキドキしていた。彼女は僕に好きな人いるのと聞いてきた。うんと頷く僕の心臓は壊れるんじゃないかともうくらい早く動いていた。彼女は後悔するなら告白したほうが良いと言った。僕は思い切って彼女に告白した。こんなおばさんなのに?と笑う彼女。気の利いた言葉も発せない僕に彼女はありがとうとキスをしてくれた…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 時田こずえ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 時田こずえ

妻の父親が亡くなり、一人暮らしになった義母こずえ。妻はそんな義母を心配し、僕たち夫婦は義母と同居することになった。義母は婿である僕に優しく接してくれ、同居はうまくいっていた筈だった。しかし、一緒に暮らし始めて、妻が夜の行為を断ることが増え、今ではセックスレス。なので最近は優しく巨乳な義母さんとのエッチな妄想をして誤魔化していた。今日も義母さんの胸の谷間に心奪われた僕は義母さんとの行為を妄想していた。その日の夜。眠れない僕はこっそり義母の寝室を覗きに行った。すると義母が一人慰めている。僕の胸は高鳴り義母の元へ。そして夢にまで見た義母と激しい行為で僕たちは絶頂に達した。しかしこの姿を妻に見られてしまった僕は、残念ながらこの家を後にするしかなかった。あれから1年、離婚した僕は毎日を無味に過ごしていた。仕事帰りの帰宅途中、見覚えのある女性が声を掛けてきた...。

崩れてく親子愛 風間ゆみ

崩れてく親子愛 風間ゆみ

最愛の息子と男女の関係になってから、初めて二人で旅行に行く事になった美緒。気兼ねなく愛し合えると二人でワクワクしていた。宿に着いた二人は早速温泉へと向かい家族風呂で愛を確かめあっていた。しかし、この二人の姿を覗いている男がいた。男は二人の行為を隠し撮り、ゆみが一人の時に話しかけた。写真を見せられたゆみは動揺し、男に言われるがまま口淫奉仕をしてしまう。その夜、美味しそうな食事を目の前にしても、息子と愛し合っても、男に脅された事が頭から離れず楽しめていなかった。次の日男に呼び出さると男の部下がいる前で自慰を強制され、しまいには二人がかりで嬲りものにされてしまった。終わらない快楽攻めにゆみは何度も何度も絶頂に達せられ、白濁の液を注がれてしまった…。

僕、三十歳叔母さんで童貞捨てれました。 倉科みどり

僕、三十歳叔母さんで童貞捨てれました。 倉科みどり

田舎で働いている僕だが、会社が倒産しこれからどうしようと思っていた所東京に住む叔父が田舎より働き口があるだろうと言い、僕は叔父一家の家に居候することになった。叔父は苦手だったが、叔母であるみどりさんの事は昔から大好きだった。上京し、久しぶりに会ったみどり叔母さんは相変わらず優しく、従姉妹の口の悪さも昔のままだった。なんだかんだで日が過ぎてゆく中、従姉妹の陰口を聞いてしまった僕。でも30歳童貞は間違っていないので少し落ち込んだ。その夜、みどり叔母さんが従姉妹の事を詫びに部屋に来た。落ち込む僕を慰める様に何でも相談にのると言われ、僕は思い切ってみどり叔母さんが好きだと言った。そして一度でいいから抱きしめて欲しいと言った。みどり叔母さんは少し困った顔をしたが、僕をぎゅっと抱きしめてくれ、僕は叔母さんのいい匂いに包まれた。僕はみどりさんお手を掴むと、すでに硬くなった下半身に持って行き、思いの丈をぶつけた。すると一度だけだからねと優しく扱き始めた。あまりの気持ちよさに発射してしまった僕だが勃起は収まらず、叔母さんはねっとりとしたフェラチオで僕は2度目の絶頂に達した。

母と息子 もう戻れない息子との関係 楠木登和子

母と息子 もう戻れない息子との関係 楠木登和子

父を亡くしてから10年。女手一つで僕を育ててくれた母が、突然、再婚相手を連れてきた。正直、そんなに驚きはしなかった。いや、むしろ喜びの感情の方が、大きかった。ただ、僕も24歳で、微妙な年頃なわけで、初対面のおじさんと一緒に暮らすのは、少しだけ抵抗があった。この時は、その程度の感情だったけど、母の再婚相手が、実はろくでもない男だった。義父が豹変したのはリストラにあり職を失ってからだった。毎日酒に溺れ、母に乱暴するようになった。仕事も探さず酒浸りの義父。母はパートを増やし家計を支えていた。もちろん僕も給料を入れていたが、母はこの男をかばい続けていた。ある日僕は衝撃的な光景を目にした。仕事途中、帰宅した僕は義父が見知らぬ男を促し、縛られた母を犯すように指示していた。嫌がっていた母だったが抗えない快感に悶絶し何度も絶頂を迎えているようだった。僕は絶句したがその光景から目を離すことが出来なかった。その日の夜、なんとか仕事をこなした僕は義父が寝ているのを確認すると母に昼間のことを問いただした。母は酔っているようで、ごめんねこんな母親でと言った。僕はそんなことはないと母を抱きしめた。すると母は僕に口づけをし、私が気持ちよくしてあげるからと、戸惑う僕の股間にそっと手を当てた...。

妻の父親。 原田千晶

妻の父親。 原田千晶

この年の離れた女性は…女房では有りません…その…浮気相手や…愛人でも無く…その…わ…私の…実の娘なのです…何故…この様な事態になってしまったのかと言いますと…ま…まぁ…私が…全て…悪いのですが…。

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 菊川麻里

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 菊川麻里

親父が亡くなって数年、外に出たがらない母だったが、ようやく落ち着いて来たのだろう、僕たち夫婦の新居に遊びに来てくれた。母の元気そうな顔を見た息子は安堵した。息子は偶然母の入浴を見てしまう。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。息子は母の裸体に興奮してしまった。深夜、ご無沙汰気味だった妻に久しぶりの行為を熱望した。しかし妻に今回も拒絶されてしまった。高まった息子の性欲ははけ口を探した。母の寝室に忍び込み、そっと布団をめくると母の股間を弄り始めた。次第に湿り気を帯びてゆく淫部。息子は思い切り母の淫毛へと発射した。立ち去る姿を薄目で見送り掛けられた精液をぬぐった母は、息子の奇行に思い悩んだ。翌日妻が外出し、母と二人きりになった息子はおもむろに母へ抱きつくと、乱暴に愛撫し始める。拒絶する母だが息子の力に勝てず、口と手で息子を鎮めようとする。最後の一線は守られたが、息子の激しく求める様に母は忘れていたオンナを思い出してしまう。深夜、寝付けない母は、ひっそりと自分を慰め始める。少しずつ早くなってゆく鼓動。オンナを満たしたい欲求で激しくなってゆく自指。何度もイクが満足できない熟れたカラダ。その姿を見透かされたように息子が母の前に現れる。すでに受け入れるカラダになっている母は息子を完全には拒否できず、硬い息子棒により貫かれてしまう。膣内が満たされた喜びは、母を快感で包み込み、瞬時に絶頂へ達してしまうのであった…。

義父は知らない僕と母の近親相姦 澤村レイコ

義父は知らない僕と母の近親相姦 澤村レイコ

私はこの男性と再婚してから…もう7年程経ちます…女で1つで息子を育てて来た私にとても優しく…そして息子も直に懐き…家族関係は良好です…え?息子が覗いている?存じております…実は…私と息子にはちょっとした秘密が有りまして…。

近所の清楚な人妻 新倉まさみ

近所の清楚な人妻 新倉まさみ

近所に住む新倉さんはおっとり系の物静かな女性。偶然僕の家から彼女の家が覗ける事が分かり、気になって覗いている。実は偶然彼女の自慰シーンを目撃してしまいそれ依頼、僕の休日の日課になった。チャンスがあればと思っていた矢先、重そうな荷物を運ぶ彼女がいた。僕は彼女に声をかけ運ぶのを手伝い、彼女の家に上がる事が出来た。だが何もできずお茶をご馳走になった後帰宅した。僕は自分のカバンを忘れた事に気がつくと、彼女の家に引き返した。扉を開け声をかけるが反応がない。室内に入るとなんとも悩ましげな吐息が。僕は声の聞こえる方へそっと向かうと、彼女が息を殺して自慰に耽っていた。堪らず扉を開けると彼女に抱きついた。驚いていた彼女だが、僕の愛撫に体を震わせながら絶頂に達した。スイッチの入った彼女は僕を貪るように求め、激しい性交を繰り返した…。

教え子に妻が色々と教えられている… 大沢カスミ

教え子に妻が色々と教えられている… 大沢カスミ

まさか…こんなにも…妻がスケベで…イヤラシい女だとは…知りませんでした…腹も立ったのですが…教育者として…妻に…色々と指導出来なかった事も…悔やみました…そこで…私は…恥を忍んで…勉強する事にしました…。

息子の嫁と義父 森沢かな

息子の嫁と義父 森沢かな

完全に義理の父は…自分で言うのもなんですが私の虜になってしまいました…しかしこの頃になると毎日の様に中に出す義理の父の精子が気になる様になりました…流石に義理の父の精子で妊娠するとは思ってはいなかったのですが…?

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 菊市桃子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 菊市桃子

桃子半年ほど前から、夫と娘、そして娘婿と4人で暮らしている。そろそろ孫の顔が見たいところだが、口には出さずにいた。そんなある日の夜、娘夫婦の会話を耳にした桃子は絶句した。娘が夫婦の営みを半年ほど拒否していたのだ。出来の良い婿だと思っていた桃子だけにショックで悲しくなってしまった。深夜ごそごそとする音で目がさめた桃子は脱衣所へ。すると人知れず自慰をする婿の姿があった。慌てて下半身を隠す婿であったが、娘との会話を聞いた桃子は、お詫びのつもりか婿を手と口でスッキリと発射させてしまった。ある日夫が飲みに行くといい出かけた日があった。寝静まった寝室で婿はしずかに起き出すと、桃子の元へ向かった。まだ帰宅していない義父を確認し、桃子の布団をめくり悪戯を始めた。次第に潤ってゆく恥部。目が覚めた桃子は当然拒否するが、婿の巧みな指技に体が反応してしまい、遂には婿の肉棒を受け入れてしまった。硬く熱い婿棒に桃子は声も出せぬまま快楽を味わっていた。そして婿の発射に合わせて桃子も絶頂へと達してしまうのであった…。

同僚の奥さん 並木塔子

同僚の奥さん 並木塔子

私が悪いのですが…妻の方が…ハマってしまいました…こうなってくると…興奮は…しなくなります…私が悪いのですが…もし神様がもしいるのなら…もう二度と…調子に乗って…他人に…妻を…抱かせたりはしません…抱かせたりしませんので…どうか…もう一度…妻を…僕の元へ…妻を…返して下さい…。