1から4 を表示中 (合計: 4件)
禁じられた背徳姦5 若過ぎた義理の母 希島あいり

禁じられた背徳姦5 若過ぎた義理の母 希島あいり

数年前、母を亡くした純也は父親と二人三脚で暮らしていた。父が再婚相手の真由を連れてきたのは、純也が受験を控えた夏の終わりの事。純也にとって、母と呼ぶには若すぎる真由との生活は戸惑いと誘惑の連続だった。思春期を迎えたばかりの少年が突然現れたうら若き義母を女として意識するのは必然で…。

禁じられた背徳姦4 若過ぎた義理の母 東凛

禁じられた背徳姦4 若過ぎた義理の母 東凛

幼くして母を亡くした正人は学校の合間を縫って家事をこなし、父親と二人三脚で暮らしていた。父が再婚相手の由梨を連れてきたのは、正人が受験を控えた夏の終わりの事。男所帯で育った正人にとって、由梨との生活は気恥ずかしくもあり、戸惑いの連続でもあった。その匂い、仕草、優しい声、柔らかそうな胸。思春期を迎えたばかりの少年が突然現れたうら若き義母を女として意識するのは必然だった。

禁じられた背徳姦3 若過ぎた義理の母 松下紗栄子

禁じられた背徳姦3 若過ぎた義理の母 松下紗栄子

父親の再婚…新しく明夫の母親になった君子。実母亡き後、勉学に励みつつ家事もこなし、真面目に生きてきた明夫だったが、間近に感じる君子の麗しい女の色気に心奪われ、邪な欲望を滾らせてしまうのだった…。

禁じられた背徳姦2 若過ぎた義理の母 秋山祥子

禁じられた背徳姦2 若過ぎた義理の母 秋山祥子

父に連れられてやってきた美樹は、やがて貴文の義理の母となった。しかし、貴文にとって美樹は、あまりに若く、こっそりと裸を盗み見ては自らの欲求を満たす日々。そして父の留守中、遂に貴文は美樹を犯してしまうのだった

1から4 を表示中 (合計: 4件)