1から12 を表示中 (合計: 42件)
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水嶋百合子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水嶋百合子

再婚して、今度はうまくやっていけると思っていたが、妻の我儘に日々嫌気がさしていた。そんな折、前の妻百合子と偶然再会した。幸い仕事もカタが付き時間があった私は強引に百合子を家に呼んだ。二人お茶をすすりながら近況など話すうち、私は百合子と結婚していた頃のことを思い出していた。体の相性も良く、何度も求め合っていたあの頃。ふと百合子を見ると彼女もあの頃を思い出していたようで、少しもじもじとした顔をしていた。私はハッと思い出した。あの顔は百合子が求めている時にしていた表情だと。私は百合子に覆いかぶさると百合子の弱い所を攻め立て愛撫した。嫌がりながらも体を預けてくる百合子の姿に、私はたまらなく興奮し、勃起した下半身を百合子に見せつけた。困ったと言いながら少し嬉しそうな百合子の股間を押し開き、ゆっくりと中へと滑り込ませていった..。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 香原杏香

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 香原杏香

バツイチの私は良縁あって再婚した。再婚相手は若くて気立ても良く私に尽くしてくれるのだが、夜の行為の相性が悪く、私は義務感で行為していた。そんな事もあり私は前妻杏香の事を良く思い出しては自慰をしていた。前の妻とは訳あって離婚したが、体の相性は抜群に良く、あの頃は朝までお互いに求め合っていた。ある日、仕事帰りの私は不意に呼び止められた。そこにいたのは前妻杏香だった。ちょっとお茶でもしないと言われ、私は杏香の家へと向かった。杏香と色々話すうち、昔の事が思い出される。すると杏香が私をじっと見つめあの頃に戻れないかなっと呟くと私に抱きついてきた。私は今日だけだぞと杏香屁熱いキスをした。そして本能の赴くままお互いの体を弄りあい求め合ってしまった...

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 平岡里枝子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 平岡里枝子

再婚して、今度はうまくやっていけると思っていたが、妻の我儘に日々嫌気がさしていた。そんな折、前の妻里枝子と偶然再会した。幸い仕事もカタが付き時間があった私は強引に里枝子の家に行くことにした。二人お茶をすすりながら近況など話すうち、私は里枝子と結婚していた頃のことを思い出していた。体の相性も良く、何度も求め合っていたあの頃。ふと里枝子を見ると彼女もあの頃を思い出していたようで、少しもじもじとした顔をしていた。私はハッと思い出した。あの顔は里枝子が求めている時にしていた表情だと。私は里枝子に覆いかぶさると里枝子の弱い所を攻め立て愛撫した。嫌がりながらも体を預けてくる里枝子の姿に、私はたまらなく興奮し、勃起した下半身を里枝子に見せつけた。困ったと言いながら少し嬉しそうな里枝子の股間を押し開き、ゆっくりと中へと滑り込ませていった..

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… さつき百合

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… さつき百合

再婚して、今度はうまくやっていけると思っていたが、妻の酒癖の悪さに日々嫌気がさしていた。そんな折、前の妻百合と偶然再会した。その日は休みで、妻は外出、私は百合を少し強引に家に誘った。二人お茶をすすりながら近況など話すうち、私は百合と結婚していた頃のことを思い出していた。体の相性も良く、何度も求め合っていたあの頃。ふと百合を見ると彼女もあの頃を思い出していたようで、少しもじもじとした顔をしていた。私はハッと思い出した。あの顔は百合が求めている時にしていた表情だと。私は百合に覆いかぶさると百合の弱い所を攻め立て愛撫した。嫌がりながらも体を預けてくる百合の姿に、私はたまらなく興奮し、勃起した下半身を百合に見せつけた。困ったと言いながら少し嬉しそうな百合の股間を押し開き、ゆっくりと中へと滑り込ませていった..

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 真矢織江

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 真矢織江

前妻織江と離婚したのは数年前、結局自分が大人になれず織江と別れるしかなかった。あれから私は再婚し年下の妻と暮らしている。しかし妻とはセックスレス。今頃になって織江との結婚生買うの事ばかり思い出すようになってしまった。そんな折、偶然織江と再会してしまった。嬉しくなった私は少し話さないかと妻のいない自宅へと招き入れた。軽くつまみながら酒を飲み、お互い再婚している事など話した。私は織江の表情から旦那と上手くいってないのかなと思い、昔のように彼女の肩を揉んでみた。そしてあの頃熱く愛し合った事を思い出していた。彼女もどうやら同じだったらしく、私が肩から胸に手を移動させると、身もだえ始めた。口では嫌と言ってはいても私にはシテ欲しいという事が分かった。何故なら抵抗しつつも私の愛撫に合わせ触りやす体を開く、昔のままの織江だったからだった...

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 大嶋しのぶ

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 大嶋しのぶ

前妻、しのぶと別れてから数年。僕は今の嫁と知り合い結婚した。今の嫁は僕より年下で少し我儘だったがそこが可愛くて結婚した。程々に幸せだが夜の生活が淡白すぎて悶々としてしまう。ふと前妻しのぶとの行為の事を思い出す事が多くなっていた。ある日の会社帰り偶然しのぶと再会した。しのぶは時間があるならとお茶でもと声をかけてきた。幸い時間のあった僕は少しならと上がらせて貰った。お互い再婚した事など話していると、しのぶと結婚していた時の事を思い出した。お互い求めあうままに行為を繰り返し愛を育んでいたあの頃を。しのぶは再婚相手の事を話しながらお茶に口をつけた。その表情を見た時なんとも言えぬ衝動にかられ、しのぶを抱きしめてしまった。しのぶを乱暴に愛撫し、嫌がるしのぶの弱い所を責め続けると、ダメの声が弱くなってゆく。僕はすでに硬くなったチ○ポをしのぶの前に差し出し咥えさせた。しのぶの股間はすでに準備が整っており、僕は一気に中へと押し込んだ。数年ぶりに味わうしのぶのアソコは今の妻とは比べ物にならないくらい良く、僕は夢中で腰を振り続けた。そしてお互い高まった所で僕は最高の射精感を味わった..

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 由紀なつ碧

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 由紀なつ碧

前妻、なつ碧と別れてから数年。僕は今の嫁と知り合い結婚した。今の嫁は僕より年下で少し我儘だったがそこが可愛くて結婚した。程々に幸せだが夜の生活が淡白すぎて悶々としてしまう。ふと前妻なつ碧との行為の事を思い出す事が多くなっていた。ある日の会社帰り偶然なつ碧と再会した。なつ碧は時間があるならとお茶でもと声をかけてきた。幸い時間のあった僕は少しならと上がらせて貰った。お互い再婚した事など話していると、なつ碧と結婚していた時の事を思い出した。お互い求めあうままに行為を繰り返し愛を育んでいたあの頃を。なつ碧は再婚相手の事を話しながらお茶に口をつけた。その表情を見た時なんとも言えぬ衝動にかられ、なつ碧を抱きしめてしまった。なつ碧を乱暴に愛撫し、嫌がるなつ碧の弱い所を責め続けると、ダメの声が弱くなってゆく。僕はすでに硬くなったチ○ポをなつ碧の前に差し出し咥えさせた。なつ碧の股間はすでに準備が整っており、僕は一気に中へと押し込んだ。数年ぶりに味わうなつ碧のアソコは今の妻とは比べ物にならないくらい良く、僕は夢中で腰を振り続けた。そしてお互い高まった所で僕は最高の射精感を味わった..

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… よりぬきスーパーベスト8時間2枚組

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… よりぬきスーパーベスト8時間2枚組

前の女房と離婚して、ずっと若い嫁をもらったがメシはまともに作ってくれない、夜の生活もほとんど無い。単なる給料を運んでくるだけの働きアリになってしまった俺。しかし、ひょんなことで前の年増な女房と出会ってしまった。体の相性もぴったりだったあいつと…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 石井麻奈美

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 石井麻奈美

前妻、麻奈美と別れてから数年。僕は今の嫁と知り合い結婚した。今の嫁は僕より年下で少し我儘だったがそこが可愛くt結婚した。結婚した当初は良くしてくれていたが、今は僕を邪魔者扱い、当たり前のようにセックスレス、僕は毎日悶々と過ごし、ふと前妻麻奈美の事を思い出したりしていた。今日も仕事で荷物を配達していた所、偶然にも麻奈美の家だった。受け取りのサインを貰い出ようとすると麻奈美が時間があるならとお茶でもと声をかけてきた。幸い時間のあった僕は少しならと上がらせて貰った。お互い再婚した事など話していると、麻奈美と結婚していた時の事を思い出した。お互い求めあうままに行為を繰り返し愛を育んでいたあの頃を。麻奈美は再婚相手の事を話しながらお茶に口をつけた。その表情を見た時なんとも言えぬ衝動にかられ、麻奈美を抱きしめてしまった。麻奈美を乱暴に愛撫し、嫌がる麻奈美の弱い所を責め続けると、ダメの声が弱くなってゆく。僕はすでに硬くなったチ○ポを麻奈美の前に差し出し咥えさせた。麻奈美の股間はすでに準備が整っており、僕は一気に中へと押し込んだ。数年ぶりに味わう麻奈美のアソコは今の妻とは比べ物にならないくらい良く、僕は夢中で腰を振り続けた。そしてお互い高まった所で僕は最高の射精感を味わった..

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 鹿島京子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 鹿島京子

営業の外回り中偶然元妻京子と再会した。僕は少し強引に京子の自宅へと向かった。お茶を頂きながらお互いの再婚した事など近況を話し、昔話に花が咲いた。ふと京子を見つめると、昔の楽しかった事などが思い出され、朝から晩まで愛し合った事を思い出した。今の妻と行為で満足出来ていない僕は、興奮してしまい、京子に抱きついた。嫌がる京子だが、彼女の弱いところを知っている僕は構わず攻めていった。嫌がりつつも潤いを帯びた京子の秘部に熱い棒を差し込むと、二人が夫婦だった時のように絶頂に達した。少し気まずい時間が流れ僕はじゃあまたと玄関へ向かった。すると京子が後ろから抱きついてきた。僕は京子の今の生活に満足出来ていない寂しい気持ちが伝わってきた。僕は無言で京子を抱きしめキスをした…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 豊橋京佳

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 豊橋京佳

今の妻と再婚して数年。妻は若く何というか自由奔放で、そこが可愛いと思い結婚した。妻との生活は不満など無かったが、ある事が原因でここ数ヶ月営みが無くフラストレーションが溜まっていた。そんな折、前妻である京佳夫婦と偶然再会した。なんと京佳の旦那さんと私の妻が以前付き合っていたらしく、妻はどうせなら皆んなで飲もうと言い始めた。妻の勢いに飲まれた私達は仕方なく妻に従った。4人で乾杯し飲み進めていると、妻は旦那さんに無理やり飲ませ始めた。妻は無邪気というか強引で、私は旦那さんを見ながら、妻のこう言う所がついていけなかったんだろうなぁとぼんやり考えていた。気がつくと旦那さんと妻は酔いつぶれて寝てしまっていた。私のフラストレーションが溜まる原因がコレ。妻は毎日深酒し寝てしまうのだ。そんな事を京佳に愚痴りつつ互いの伴侶を介抱していると、ふと京佳結婚していた頃の事を思い出していた。蕩けるほど愛しあい、何度も求めあった事を。私は京佳に猛烈に欲情してしまい、伴侶達が寝ているにもかかわらず襲いかかってしまった。嫌がる京佳だが、敏感な所は変わっておらず、私は鬱憤を晴らすかの様に京佳を攻め続けた...

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水上由紀恵

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水上由紀恵

前の妻とは性格の不一致で離婚した。あれから数年。年下の可愛い女性と結婚した僕だったが、日に日に増してくる彼女の我儘に振り回され、既に再婚した事を後悔し始めていた。今日も友達と旅行に行くと言われ、仕事のある僕を残し出かけて行った。会社帰り、コンビニで弁当を買い帰宅していると、前の妻由紀恵と偶然にも再会した。今の妻に蔑ろにされていた私は懐かしい顔を見た事で嬉しくなり、お茶でもと誘った。悩んでいる風な由紀恵だったが強引に自宅へと招待した。お酒を飲みながら、お互い再婚した事など話していると、由紀恵と生活していた幸せだった頃を思い出した。どうして別れたんだろうと思いながら由紀恵を見つめていると、体の相性も良く、何度も互いに求めあったあの頃の事が思い出され、不意に由紀恵を抱きしめてしまっていた…。

1から12 を表示中 (合計: 42件)