1から5 を表示中 (合計: 5件)
「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

夫の連れ子が打ち解けてくれないことに悩んでいた瑠衣(鮎川るい)。なんとしても良好な親子関係を築きたいと強硬手段に出る決意をする。それは、義息が入浴している風呂に乱入し裸の付き合いで距離を縮めようという作戦だった。これなら義息と打ち解けることができると瑠衣は全裸で風呂に突撃するが…。この行動が義息がひた隠しにしてきた感情を爆発させる引き金になってしまう。

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

結婚して半年。ゆきのは夫の連れ子の護が打ち解けてくれないことに悩んでいた。どうすればいい親子関係を築くことができるのか。思い悩んだ末にゆきのは義息が入浴中の風呂に乱入。裸の付き合いで二人の距離を縮める作戦に出るが…。顔出しはNGだけどエッチな姿は見られたい。謎に包まれた仮面のグラマラス五十路妻、美谷ゆきのが体当たりで挑む初ドラマ!

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

後妻として家庭に入った舞は幸せに暮らしていたが義息の楓太と打ち解けられないのが唯一の悩みだった。思春期男子の母になるのは難しい。覚悟はしていたが、まさか会話すらままならないなんて…。思い悩んだ舞はある日、距離を縮めるべくとんでもない行動に出る。打ち解けるには裸の付き合いが一番。そう考えた舞は楓太の入浴中、裸で風呂場に乱入する。だがこの行動が楓太が隠し持つ禁断の欲望を暴走させてしまう…。

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

義息の浩司との距離が縮まらない。悩んだ菜穂は思い切って浩司が入浴している風呂に乱入した。腹を割って話をするには裸の付き合いが一番。荒療治だがこれも二人の距離を縮めるため…。だが、浩司の反応は予想外のものだった。菜穂の裸を見つめて明らかに興奮していた。菜穂の行動は浩司が胸の奥にしまっていた禁断の思いに火をつけてしまった。

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」...

努力しても一向に距離感が縮まらない。梢(時田こずえ)は義理の息子との関係に悩んでいた。思い悩んだ末に大胆な解決策を思い立つ。それは、一緒に風呂に入って裸のつきあいをすること。ある日、梢は息子の入浴中に全裸で風呂に乱入し、本音で語り合おうと提案する。だがそこで知った義息の本音は意外なものだった。彼は梢を一人の女性として意識しているという…。

1から5 を表示中 (合計: 5件)