1から12 を表示中 (合計: 76件)
sister- 有馬芳彦-

sister- 有馬芳彦-

幼少期に両親の再婚で姉弟となった縁と睦生。大人になっても互いの家に遊びに行く程気の知れた二人だったが、睦生は義姉に対し決して打ち明けられない思いを抱えていた。そんな中、両親の再びの離婚が決まり、二人は家族とも他人ともいえぬ関係に。変わらぬ緑の弟扱いに、睦生は伝えまいとしていた思いをぶつけてしまい…

rewind- 東惣介-

rewind- 東惣介-

まだまだ新入社員ということもあり、必死に頑張り過ぎて取引先の接待で飲み過ぎてしまった明日香。取引先をしっかり見送ったところまでは覚えていたが、その後の記憶はまるでなし。なんと目が覚めるとそこは憧れの上司・石田の家で…?!状況が掴めない明日香に、石田は「何も覚えてないの?」と言ってきて…!

storm magic-上原千明-

storm magic-上原千明-

千夏はアラサーに突入する誕生日に、自ら友人を招いてパーティーを企画するも、史上最大の嵐に見舞われドタキャンが続出…。一人虚しく用意した食事をつまんでいたところ、密かに想いを寄せていた会社の先輩の水野から連絡が。なんと千夏の家の近くで立ち往生していると、急きょ二人きりで祝ってもらうことになり…!

routine- 北野翔太-

routine- 北野翔太-

会社で知りあい付き合いだし、最近同棲を始めた達矢と紗智。一緒にいる時間がとにかく幸せで、つい盛り上がって朝にもしてしまうのがお決まりに。そのせいで遅刻しそうになったこともあったため、先を見越して少し早起きするようになった紗智。目覚めのこの甘いひとときがあるから、眠気もどこかに吹き飛んでしまうのです?

touch-上原千明-

touch-上原千明-

会社の飲み会の帰り道で転んでしまい、挙句の果てに終電を逃し夜道で一人途方に暮れていた真帆。そこにたまたま同じ飲み会にいた憧れの先輩の一樹が通りすがり、家がすぐ近くだからと保護され家に行くことに。まさかの展開にどうしていいかわからない真帆だったが、二度とないシチュエーションに少し期待もしてしまい…!

timing-北野翔太-

timing-北野翔太-

友人の紹介で付き合い初め、至極順調な研吾と嗣美。週末は研吾の家にお泊まりし、その度研吾キッカケでHをして…というのがお決まりの流れになっている。そんな中、「毎回しようとするのはダメか?」と悩む研吾に、「自分から誘うのは無し?」と悩む嗣美。お互いまだまだ探り探りで変な気を使ってしまう二人だったが…

feel good-有馬芳彦-

feel good-有馬芳彦-

二人揃っての休日に、毎度昼過ぎまで平気で寝ている梢。休日はお出掛け派VSゆっくりゴロゴロ派の攻防で、毎回梢の眠気に根負けして少し不満に思っている大悟。今日こそちゃんと起きてデートを楽しみたい大悟は、梢を気持良く目覚めさせようと要望にこたえハグをしてあげるも、起こすだけでは止まらなくなって…!

unexpected-上原千明-

unexpected-上原千明-

行きつけの飲み屋で奈々を見かけ、豪快な飲みっぷりが気に入って声をかける健人。女性の扱いはお手のもの、今夜もいつも通りあっさりと奈々のお持ち帰りに成功する。全ては‘いつも通り’のはずだったのに、自由奔放な奈々のペースに健人は次第に乱されていく…「私は、キスとギュッてできればそれでいいの」

good luck- 夏目哉大-

good luck- 夏目哉大-

親友のユウジにエリカを紹介してもらい、一目で好きになったヒロト。3人で遊ぶことが増え、ヒロトの想いは増すばかり!しかし、奥手なヒロトはエリカとの距離をなかなか縮められずにいた。そのもどかしい状況を見かねたユウジが、宅飲みをセッティングし、ヒロトとエリカが2人きりになるように仕向ける…

fine line- 北野翔太-

fine line- 北野翔太-

顔を合わせればすぐ言い争いになってしまうのに、一緒にいて居心地が良いキミ。そんなキミのことが好きな友達がいる。私は彼女の背中を押すけれど、本当は上手くいってほしくない。キミは、私のこの気持ちに気づいているのかな?でも、君を目の前にすると言わなくていい事まで言ってしまう。嫌い…でも好き。

serious- 上原千明-

serious- 上原千明-

太一はお調子者で二人一緒の時も明るく楽しくしたい平和主義。亜由美もなるべく仕事の愚痴は言わないようになっていたが、残業が続き多忙でストレスも限界に…。そんな時、太一が思いがけず、ふざけないで真面目な優しさを掛けてくれて…。不思議とそれだけで全てが吹っ飛んでしまうくらい、幸せで満たされるんです?

can’t stop!- 月野帯人-

can’t stop!- 月野帯人-

ハジメと恵美は平日は仕事が忙しく会えない分、週末にまとめて二人の時間を過ごすのがお決まりに。朝からずっとダラダラしつつ、もうすでに3回戦を終えたとっても旺盛な二人。お腹が空いても外に出るのが面倒で仕方なくカップ麺を食べることに。しかし、出来上がりを待つたった3分でさえも二人は我慢できなくって…!?

1から12 を表示中 (合計: 76件)