1から9 を表示中 (合計: 9件)
地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた親友の母親と時を忘れて愛し合っ...

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた親友の母親と時を忘れて愛し合っ...

立て続けに真夏日を記録するこの夏、母が再婚するというので僕はお盆休みを利用して地元へ帰省していた。予定の時間まで地元を歩いていると見覚えのある女性とすれ違う。振り返るとその女性は初恋の人で親友の母親・優香さんだった。そして優香さんと一緒に母との待ち合わせ場所へ向かったのだが、実家には自分の居場所が無い事を知らされる。帰ろうかと悩んでいるとずっと好きだった優香さんの家に泊めてもらえる事になって…。

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた幼馴染の母親と時を忘れて愛し合...

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた幼馴染の母親と時を忘れて愛し合...

蝉の鳴き声が響き始めたこの夏、僕は母が再婚するというので地元へ帰省していた。時間を潰す為、駅前近くの公園を一人歩いていると親友の母親・麻妃さんと偶然再会する。そして母の再婚を聞きつけた麻妃さんと共に母の元へ向かう事になる。挨拶と顔合わせの食事を簡単に済ませた後、自宅に帰ったのだが自室が物置部屋へと変貌していた。そんな居場所のない僕を見兼ねた麻妃さんが三日間、僕を家に泊めると言ってくれて…。

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた幼馴染のお姉さんと時を忘れて愛し合っ...

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた幼馴染のお姉さんと時を忘れて愛し合っ...

「これだから地元へ帰省するのは嫌だったのだ…。」親父の再婚の為、呼び出されて帰省した地元でばったり初恋の相手・凛さんと再会してしまう。今は学生時代から付き合っていた彼氏と結婚して人妻だ。人妻になった今でも昔と変わらない微笑みを僕に向けてくれるので嬉しい反面、少し胸が痛かった。その凛さんに父の再婚で実家へ居場所がない事を告げると凛さんの実家へ帰京するまでの3日間、泊めてもらえる事になって…。

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた憧れの同級生と時を忘れて愛し合った記...

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた憧れの同級生と時を忘れて愛し合った記...

数年前に亡くなった母親の命日、僕は今年も地元へ帰省をしていた。今年は親友のタカシとその奥さんで初恋相手の藍と食事をする事になっていた。久々の再会に心を躍らせながらも藍の薬指に光る結婚指輪に嫉妬する自分がいた。そして二人の家で食事をした後、酔い潰れたタカシをよそに藍からタカシの浮気を相談される。「私の事、まだ好き?」そう言って唇が触れ合い一線を超えた瞬間、学生時代に止まった時計の針が動き出して…。

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた幼馴染のお姉さんと時を忘れて愛し合っ...

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた幼馴染のお姉さんと時を忘れて愛し合っ...

正月を過ぎた頃、僕は父に呼び出され季節外れの帰省をしていた。再婚の報告を受け、泊まるホテルを探しつつ近所の公園を歩いていると学生時代の先輩・あいりさんと再会する。初恋の人との再会に心躍らせたが学生時代の彼氏と結婚したらしくショックを受けた。親の再婚で実家には居場所が無い事を話すとあいりさんがウチに泊まれば良いと言い出した。悪いからと何度も断ったが強引に押し切られあいりさんの家に泊まる事になり…。

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた親友の母親と時を忘れて愛し合っ...

地元へ帰省した三日間、ずっと思いを寄せていた親友の母親と時を忘れて愛し合っ...

大学三回生の僕はこの冬休み、母が再婚するとの事で渋々地元へ帰省していた。予定の時間まで白い息を吐き近くの公園を歩いていると一人の女性とすれ違う。ふと振り返ると家族で仲の良かった幼馴染の母・怜子さんがいた。再婚の話を聞きつけた怜子さんと共に母の元へ向かうと自分の部屋が物置小屋になっているのを目の当たりにする。居場所が無いと悩んでいるとずっと思いを寄せていた怜子さんの家に泊めてもらえる事になって…。

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた幼馴染のお姉さんと時を忘れて愛し合っ...

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた幼馴染のお姉さんと時を忘れて愛し合っ...

帰省ラッシュの真っただ中、大学生の僕はお盆休みを利用して里帰りをしていた。自宅に帰る途中、近所の公園で電話をしていると偶然にも幼馴染のお姉さん・かなさんと再会した。昔と変わらない綺麗さにドキドキしながら人妻になっていた事に少しだけショックを受けた。実家は父親の再婚相手もいて居場所が無い事を話すと、かなさんの実家に泊めてもらえる事になった。僕は淡い恋心を抱きながらもその好意に甘えることになって…。

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた憧れの同級生と時を忘れて愛し合った記...

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた憧れの同級生と時を忘れて愛し合った記...

蝉の鳴き声が鳴り止まないこの夏、今年も休みを利用して地元へ帰省していた。仏壇のお袋に手を合わせ、親父と軽く言葉を交わし親友のタカシとの待ち合わせ場所である公園へ向かった。湖を見ながらたそがれていると不意に肩をつつかれる。振り返ると学生時代、ずっと好きだったナオが立っていた。今はタカシの奥さんだ。そして二人に誘われて自宅で食事することになる。学生時代に止まった時計の針が動き出すとも知らずに…。

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた憧れの幼馴染と時を忘れて愛し合った記...

地元へ帰省した三日間、人妻になっていた憧れの幼馴染と時を忘れて愛し合った記...

入院した母を見舞う為、妻を残し一人で地元へ帰省することになった。大事には至らず、その日の内に帰ることになった私は子供の頃、よく遊んでいた階段へ来ていた。思い出に浸りながら階段を登っていると反対側から1組の夫婦が降りて来る。見覚えのある顔だと考えていると、その人は人妻になっていた初恋の幼馴染だったのだ。偶然の再会に心を躍らせた私は階段で何かを期待して待ち続けていると、目の前に彼女が一人で現れて…。

1から9 を表示中 (合計: 9件)